「中学受験」って大変。

「中学受験」第一志望を逃して落ち込むも、立ち直る。個人的な勝手な思いを綴ったブログです。参考程度にしてください。講演会のお話も書きます。

「花まる学習会」高濱先生の講演会。今度こそ習い事のお話。

「【シリーズ】子どもの実力を伸ばす具体策 (6) わが子の「おけいこごと」どう選ぶか」

 

 

「習い事」のお話といいつつ、「病んだ母親」の話になってしまったので、改めて。

 

「習い事の時間」というのは、

大事な時期に使う時間なので「目的」を持つ

 

まず、何を習わせるか?だが

 

「自分がこれで困ったから、子どもが困らないように」というのもあり。

 

例えば「英語」に困ったから「英会話」を習わせる等。

うちは早めの「英会話教室」で、英語嫌いにしてしまい失敗したパターンだ。

違う場所ならよかったのかな?

いや、我が子は「興味」がない事はしない!

英語に興味がわかなかったのだろう。

 

 

息子にはいろいろ習わせた

 

スイミング→釣りに行くので、海に落ちた時溺れないように→そこそこ泳げる

 

柔術→攻撃を受けた時、身を守れるように→興味がなくすぐやめた

 

ダンス→本人希望→想像と違ったらしくすぐやめた。

 

体操教室→運動神経が怪しかったので・・・高学年になってグンと伸びたので大正解!!

 

 

 

「公文」に関しては「基盤力」と認識したうえで、習わせるのは問題ない。

 

これからは、見える力(イメージ力)、詰める力(やり切る力、集中力)、柔軟性(やり方自体を考える)が大事。

 

最適なのが外遊び→基盤力の上に来る「強み」を伸ばしていける。

 

人間とは固着との戦い→1個答えを出すと、それでいい・・・となる。

そこからいろんなやり方をやってみる事ができるのが「頭がいい」という事。

 

 

習い事をさせるとき

 

●弱いからやらせるのか

●強いから伸ばそうとするのか

 

どちらかを明確にしておく。

 

 

 

 ↓ これから絶対いる力。

マンガでわかる! 10才までに遊んできたえるプログラミング脳

マンガでわかる! 10才までに遊んできたえるプログラミング脳

 

 

 

 

子どもの「行き渋り」にはいろいろな原因がある。

 

「下の兄弟」への嫉妬という事もある。

自分が外に出されている間に「弟」や「妹」はお母さんにかわいがられている!!

 

行き渋っていても、実際に行ってみて

「ニコニコ」して帰ってくるのであればO.K.

 

 

 

習い事は「子どもの楽しさ」に焦点を当てる

まだ関心が向いていないのに親に「これいいよ、いいよ」と言われて期待されると嫌になる。

自分で決めた事は楽しく続けられる。

自分のペースでやるのがいちばん伸びる。

圧迫の中でやると全部ダメ。

 

これからの時代、「教養」は大事。

「音楽」「スポーツ」にプラスして、言葉を紡ぐ力を。

 

負けず嫌いは伸びる→受験に合格する力を持っているかもしれない。

 

 

↓ 語彙力大事!

マンガでわかる! 10才までに覚えたい言葉1000

マンガでわかる! 10才までに覚えたい言葉1000

 
マンガでわかる! 10才までに覚えたい言葉1000 レベルアップ編

マンガでわかる! 10才までに覚えたい言葉1000 レベルアップ編

 

 

 

 

 

↓ 

www.suika.tokyo