「中学受験」って大変。

「中学受験」第一志望を逃して落ち込むも、立ち直る。個人的な勝手な思いを綴ったブログです。参考程度にしてください。講演会のお話も書きます。

「中学受験」。寮のある学校。

思春期の難しい時期。

 

以前にも、「寮のある学校」に入れたい!と書いた事がある。

 

何でも反抗し、今、目の前でやった事を注意しているのに「やってない」と言い張り、それ以外でも「言った」「言ってない」の水掛け論の毎日に疲れ果てていた。

 

お互いイライラしているので、更に口調が荒くなり、常にケンカに発展して行く事に嫌気がさしていた。

 

絶対、「お互いの為に離れた方がいい」と確信していたが、なかなか予算的に「寮のある学校」というのが難しかった。

 

 

親と子は別の人格で、それぞれの人生がある。

 

 

子どもは「親の思い通りにはならない」という事も理解しているつもりだった。

 

 

「今日は、これとこれとこれを済ませて、これをやって・・・」と自分の予定を立てても、息子の尻拭いにより、予定通りには行かない事が多々ある。

 

そんな時は「何で・・・」と泣きたくなる。

そして睡眠時間が削られ、フラフラになり、疲れて更にイライラする・・・という悪循環。

 

 

↓ 寮のある学校の説明会。

resemom.jp

 

ちょうど、思春期の入り口で反抗期。

 

 

「花まる学習会」では、卒業の際、小学6年生向けに高濱先生の講演会がある。

 

「君たちはもう親を越えた。

あとは衰えて行く一方だから労わりなさい。」というものなのだが、息子は自分にとって都合のいい「親を越えた」という部分しか聞いておらず、いつも私をバカにしていた。

 

 

「もう俺のが上だから」高濱先生がそう言ってたし。

 

こんな調子なので、本気で「寮」に入って欲しかった。

 

 

「花まる学習会」では長野県への「山村留学」があり、毎年、応募者が殺到して抽選になる。

小学生が1年間、親元を離れて、田舎で暮らすのだが、凄い成長を見せて帰ってくると聞いた。

 

自分の事を何でも自分でできるようになり、地元の人たちからの愛情を受け、立派に成長を遂げる。

1年もの間お世話をしなくていい上に、勝手に立派になって帰ってくる。

なんてうらやましい話だろう。

 

私は息子の事を

「この子が私がいないとなんにもできないから・・・」と思っていた。

小3か小4辺りで、「山村留学」に出せばよかったかな~。

勇気がなかった。

 

 

一旦、親元を離れた子どもは想像以上に成長するはず。

余裕があるお家は、「寮のある学校」への受験も検討されてみてはどうだろうか?

 

 

↓ 中学生編。

www.suika.tokyo