「中学受験」って大変。

「中学受験」第一志望を逃して落ち込むも、立ち直る。個人的な勝手な思いを綴ったブログです。参考程度にしてください。講演会のお話も書きます。

「中学受験」。校風って大事。「校風マトリクス」

理想と現実が遠すぎた・・・

 

未だに引きずってる感のある「行きたかった学校」

 

ふと、栄光学園の井本先生のFBを見てみた。

 

授業で使っているであろうプリントの問題文

 

 

「イモニイが 3人の彼女 A、B、C、に合わせて5個のダイヤモンドをあげました。」・・・と続く。

 

 

 

そう、欲しかったのはこれ!!こう言う事!!

 

受験勉強をがんばれば、

6年間、飽きる事のない、面白い授業が受けられるんだよ!!

 

 

これを私は「12才の子ども」に伝えきれなかった

 

 

一体、どこの学校の先生が数学の問題に自分の名前(イモニイは井本先生の愛称)を出してきて、「3人の彼女」なんて言葉を使うだろう?

 

昔「花まるカフェ」というイベントで、井本先生の授業を受け、あまりに面白くて、「息子はこの先生に教わって欲しい!!」と思ったのだった。

 

 

↓ これが井本先生。

いま、ここで輝く。 ~超進学校を飛び出したカリスマ教師「イモニイ」と奇跡の教室

いま、ここで輝く。 ~超進学校を飛び出したカリスマ教師「イモニイ」と奇跡の教室

 

 

 

news.ameba.jp

 

 

何度も体験授業を受けた「芝」の授業も、生徒に興味を持たせるような「本当に面白い授業」だった。

息子も「こんな授業なら6年間楽しく勉強できる!!」と確信していた。

だからこその、「志望校」だったのだが、

 

現実はというと・・・

教科書通りのプリントに、教科書通りの授業。

「あーあー、だから言ったのに・・・」と今更言ってもしょうがない。

 

 

↓ 面白い記事をみつけた。

curriculum.co.jp

各学校の特徴をよく示してある。

「ほら~、芝と栄光は同じところ」に入ってるよ・・・

先日、講演会に行った英語の飯塚先生の「鎌倉学園」も同じところだよ・・・

 

息子の学校は・・・う~ん、遠いな~・・・

 

 

と、このような事にならないように、第一志望校以外の学校もよく見て考えてみてください。

 

因みに学校にガッカリしているのは私だけで、息子は「自分の学校が最高!」だと思っています。

 

子どもというのはいつだって自分の居場所が「1番」みたいです。

親が「あっ、ここ違ったな・・・」と思っても案外大丈夫かもしれません。

 

ただ、全力で「今頑張れば6年間こんないい事があるよ!!」という事だけは伝えてください。

 

 

↓ 公立だと「麹町」が面白いのかな?スゴイ人気だ。

麹町中学校の型破り校長 非常識な教え (SB新書)

麹町中学校の型破り校長 非常識な教え (SB新書)

 

 

 

↓ 中学生編。

www.suika.tokyo