「中学受験」って大変。

「中学受験」第一志望を逃して落ち込むも、立ち直る。個人的な勝手な思いを綴ったブログです。参考程度にしてください。講演会のお話も書きます。

「中学受験」。「中学受験のはじめ方 ~幸せな受験の下準備~」中学受験と高校受験のメリット・デメリット。②

御茶ノ水カレッジの「伊藤潤先生」の講演会に行った。②

 

f:id:mikan-iro:20191023140406j:plain

 

 

www.inter-edu.com

 

大学進学実績、東大の合格実績を見ると、中高一貫校が多数を占めていて、有利な事が伺える。

理由としては、5年間で高3までの勉強を終えて、高3の1年間を「大学受験勉強」に当てられるからだ。

中高一貫校の高3は「予備校」のような授業となる。

「公立高校に行くなら、4年をみる」(1年は浪人する)というのも、こういう事だ。

 

 

中学受験のメリット

  • 試験一発勝負
  • 大学進学に有利な仕組みがある
  • 教科書に縛られないため、入試問題に考えされられる良問が多い
  • 一貫校には「色」があり、それを選ぶことができる→私立はカラーが強いので、子どもが育ってほしい姿を考えて学校を選べる→公立はカラーを出せない
  • 文科省のカリキュラムを超えた勉強で成長できる
  • 自分と合う仲間と中高時代を一緒に過ごせる
  • 2020年の大学入試改革に対応しやすいと言われている
  • 塾は多くの子にとって学校の勉強より楽しい→私はその子によると思うし、塾にもよると思う

 

 

中学受験のデメリット

  • 中学受験が「魔界化」している←伊藤先生の表現。どんどん勉強量が増えている。新しい解法のいたちごっこ
  • 小学生時代に多量の勉強(やりたい事との両立が難しい)→スポーツや音楽など
  • 親のサポート競争(親の狂気が発動されやすい)→受け身になりやすい

言われた通りにするので、自分で考えられない子になりやすい

親が勉強を見るので、ブラックボックス化し、教育虐待になるケースも

  • 成長過程での競争である
  • 学費が公立の3倍

 

 

●実際に子どもを殴って勉強させるお母さんもいる。

 

 

中学受験をさせたい理由

 

通わせたい学校がある

  • 特色のある教育が受けられるから
  • 実力ある良い先生が多いから→「個性的な子」の場合、それを認めてくれる先生がいる可能性は「私立」の方が高い
  • 自分が私立出身でよかったと思っているから

 

高校受験より中学受験をさせたいから

  • 内申重視の高校受験に向いていないから→うちは正にこれだった
  • 地元の公立中学に通わせたくないから
  • ゆとりを持って6年間過ごせるから

 

 

中学受験をしないならその理由を明確に持っておく事!

  • ママ友や子どもの友だち周りの影響を受けて、突然「受験」を始める家庭もある

5~6年生になると、周りの友だちが「塾」に行ってしまい、遊ぶ子がいなくなる。

そんな時に「私も受験しようかな。」という子がでてくるそうだ。

周りのみんながやるから「私も」という受験は危険。

子どもが「私も」と言った時「なぜ、うちは受験しないか」の理由を明確に説明できる準備をしておく必要がある。

 

 

高校受験

メリット

  • 小学生時代をゆっくり過ごせる
  • 「100%自分で決められる受験」にする事ができる→15歳で経験するため、自分の意思での「受験」になりやすい。
  • 中学を多様性のある環境で過ごすため、骨太に育つ

 

デメリット

  • 受験体制が私立並みに整っている学校が少ない→校区の中学生も通っている個別塾に行った時、うちの校区の中学校は「内申点も取りにくいし、高校受験に意欲的ではないし、クラスによっては学級崩壊が起きている」と聞いた
  • 校則がゆるく面倒見がいいとは言えない事も「脱線」のリスクやいじめが深刻化しやすい→いじめは「私立」にだってある。対応は学校によりけり
  • 一貫校に比べて高校受験で分断されるものがある、部活、勉強、様々な経験等
  • 15歳は受験に向いていない、勉強の価値観が低い、自己肯定感が低い、スマホやゲーム、YouTube漬けになっている→現在、スマホを持っていない中学生はほとんどおらず、スマホを持ち始めてから2年以上経っている子たちが、「受験だから」と言って、なかなかスマホの時間を短縮した生活が難しくなっているし、反抗期で「俺、好きな事する」と言ってずっとゲームをしたりするらしい。

 

今の時代、スマホによって、高校受験に向いている子も少なくなっている。

 

中3も教えている、伊藤先生が目の当たりにした現実。

 

 

 

どちらの受験を選ぶか

 

受験に向き、不向きはない

「中学受験に向いていない子が9割」

 

以前、「花まる学習会」の高濱先生は、6年生の夏休み明けで、自分の事が自分でできない子は幼いので「高校受験向き」とおっしゃっていた。

でも、実際に6年生を見るとわかるが、みんな幼い。

「向いている子なんてほとんどいない」というのが実感だった。

ただ、「スケジュール管理だけは親がしてください」ともおっしゃっていた。

 

 

 

「大人度」について

  • 6年生で判断→低学年の忘れ物、失くし物は当たり前
  • 「大人度」が高い子は高校受験でも有利
  • 「大人度」が低いが算数が出来る子はいる(そういう子は整理整頓が苦手だったりする傾向も)
  • 「大人度」がないから、手厚い私学が適している子もいる

 

向く・向かないよりも「なぜ受験をさせたいのか?」が大切

→親が受けさせたい教育を考えて「させる・させない」を判断

子どもに向く受験になるよう「塾」を選ぶ

 

そして「させる」となっても通わせてみて最後子どもに判断させる

  • 「経済的負担」 受験だけで4年生から6年生までで250万→実際はもっと掛かると思う。例えば別塾を足したり、模試を受けたり、テキストを買ったり。「なんとか講習やなんとか特訓」も山ほどある・・・
  • 「今どのような経験をさせたいか」→撤退する準備を持つ→1度「受験する」と決めて、塾に通わせて、掛かった時間と労力、金額を考えると「撤退する」というのは本当に難しいと思う。一度始めると抜けられないと思った方がいい。

 

 

 ↓ 上に書いた「なんとか講習」や、「なんとか特訓」の具体的な金額まで出ていてわかりやすい。

そして、秋以降、みんなが勉強し始めるので成績は上がらない・・・

 

 

 

 

勇気を持ってやめる事も幸せな受験の一つの形

  • 「どちらの受験が子ども(の成長)にふさわしいか」
  • 「通わせたい学校があるか」
  • 「中学受験するなら「親の狂気」をコントロールできるか」→子どもが思うように勉強しない、成績が上がらない等、子どもも辛いけど、親も辛いです。なかなか冷静さを保てなくなる場合があります。

 

「受験」をやめた人は、子どもが勉強、勉強で壊れてしまい継続不可能になった人や、親が望んだ受験で、子ども本人は「受験」を希望しておらず全くやる気がない場合や、上の子と比べて「この子は違うな」と親が冷静に判断出来た場合等かな。

 

 

やるとなったら、親の思いを伝え、4年生から塾に通ってみる→5年生になった時、続けたいかを子どもに判断させる

子どもへの確認は、何度かやってみる事。

 

ただ、個人的には「中学受験」はオススメしたいです。

 

 

www.mikan-iroblog.com

 

 

↓ 中学生編。

www.suika.tokyo