「中学受験」って大変。

「中学受験」第一志望を逃して落ち込むも、立ち直る。個人的な勝手な思いを綴ったブログです。参考程度にしてください。講演会のお話も書きます。

「中学受験」。「中学受験のはじめ方 ~幸せな受験の下準備~」親の競争になっている現実。軸を持つ。③

御茶ノ水カレッジの「伊藤潤先生」の講演会に行った。③

 

f:id:mikan-iro:20191023140406j:plain

 

 

「中学受験」は、どんどん勉強量が増え続け、親のサポートが更に大変になってきている。

 

「中学受験」に臨むなら、家族でチームを作る事。

 

成長する子の親は、

「安心できる家庭である事、子どもを大切に思っている事を伝え続けられる事、夫婦の悪口を言わない、塾の先生の使い方が上手い」だそうです。

 

 

子育ての軸を持つ

 

塾や受験より優先させるものを決める

  • 中学受験を通じてどのように成長して欲しいか(適切な睡眠をとらせる、受験生だからという特別扱いをしない)
  • 努力が報われない時もある(小学生は時間の制限があるから)

「 頑張ればできる < 頑張った事を認める 」認めたうえで改善していく

  • ゲーム・YouTubeのルール・時間制限・ペナルティを親子で決める

 

YouTubeはテレビと同じではない(自己管理ができないと自分で終わりにできない)

 

  • 「あなたのため」は使わない
  • 子どもがいる前で「うちの子大丈夫ですか?「うちの子は○○が苦手で・・・」を使わない→高濱先生が「言葉は怖いですよ」とよくおっしゃっている
  • 「子どもが中学受験はかわいそう」は不要(頑張る子どもに影を落とす事になりかねない)
  • 受験情報は割り引いて受け取る→これ大事

 

 

↓ 「おおたとしまさ」さんの本も出ている。

追いつめる親 「あなたのため」は呪いの言葉

追いつめる親 「あなたのため」は呪いの言葉

 

 

 

ワンオペを防ぎ、最初から「夫」を巻き込む。

 

父親の傾向

  • 熱心な父親の増加→今まで何もせず何も知らないのに、急に6年生から口出しし始めてトラブルになる
  • 「学歴に強いこだわりがある」父のこだわりは危険

親のリベンジに子どもをつかわない

  • 多数派の父親

「反対しないが、賛成もしない=そもそも受験に興味がない」→中学受験する意味がわからない

父親が持ちやすい「大局観」と中学受験は矛盾する→地方出身の父親だと、自分は全部公立でやってきたんだから、勉強は子どもがやる気になった時でいいんじゃないのか?と考える

  • 父親は子どもではなく、自分の経験で判断しやすい「俺の時はこうだったから」
  • 父親にはタスクを与える(全てではなく可能なものを一緒に担ってもらう)

 

 

「塾5大タスク」

保護者会・面談・学校説明会・送り迎え・「ここぞという時に支える」→塾の最初から、出来る限り父親も一緒に参加させる

アウェーにせず、先生の名前もわかるようにしておく

  • 男性は学校分析が好き→説明会などで先生の言う事を鵜呑みにせず、データに基づいて冷静な判断ができる(グーグルのスプレッドシートで資料を作る人もいる)

 

↓ スプレッドシート

Google Sheets: Free Online Spreadsheets for Personal Use

 

 

  • 父親は基本、子どもへの気遣いで母親には勝てない→母親の話を聞き、頷き、ねぎらう→できるもんならやってみせて!高濱先生も母のニコニコがいちばん大事だとおっしゃっている

 

子どもの行動が目に余る時に叱る役目、塾に言いづらい事を伝えてもらう役目もある

 

 

母親の傾向

  • 子どもの事をいつも考えている→不安に襲われやすい→その通り!!
  • 「共感」が必要→「私1人では無理です!」と言って家族に参加させる

→共感・相談できる先生を探す→3・4年生はそれを探す時期だと考える→?5年、6年で担任が就いたのに、3・4年生の先生に相談するの?と思った

 

 

塾の先生の活用方法「相談電話の掛け方」

  • 不安から話し始めるよりも、目標と現状をセットで話す(男性の先生は論理的な話が得意なため)

例:「クラスを1つ上に行かせたいけど(目標)、算数の得点が10点ほど足りない(現状)。どのようにしたらよいですか?」

  • 塾の先生も人、褒める、時間を伝える

例:「いつも○○先生の授業が面白いと言っています。今、5分ほどお時間よろしいですか?」→私もいつも褒めてたな~。ほんとにありがたい・・・と思ってた

  • 電話なら13時~15時までがオススメ

 

とはいえ、いつ見ても忙しそうな先生方に、そうそう話しかけられないし、時間ももらえない。

ただ、「面談予約」をして夫婦で揃って面談されている方はよく見かけた。

 

 

 

シングルについて

  • 受験に大きな問題はない
  • 1人足りない分、塾の先生をしっかり相談窓口にする

 

 

共働き

  • 役割分担 特に父親が何を担うかが大切、最初が肝心
  • 情報共有→LINEなどを使ってよく話しておく
  • 子どもを2人で追い詰めない→必ず片方は中立の立場でいる
  • 仕事の状況により、片方に丸投げする時もあり→その時はダメ出しをグッと我慢

 

 

↓ 伊藤潤先生のオススメの本。

手紙屋 蛍雪篇〜私の受験勉強を変えた十通の手紙〜

手紙屋 蛍雪篇〜私の受験勉強を変えた十通の手紙〜

 

 「主人公と一緒に勉強する事の意味を見つけ直す本です。

主人公は女子高生で大学入試についてですが、「何のために勉強するのか」を哲学するのに役立ちます。」との事です。

 

 

 

www.mikan-iroblog.com

 

www.mikan-iroblog.com

 

 

 

 

 

→中学生編。

www.suika.tokyo