「中学受験」って大変。

「中学受験」第一志望を逃して落ち込むも、立ち直る。個人的な勝手な思いを綴ったブログです。参考程度にしてください。講演会のお話も書きます。

「中学受験」。「中学受験のはじめ方 ~幸せな受験の下準備~」学校選び。第一志望合格は3人に1人という現実。④

御茶ノ水カレッジの「伊藤潤先生」の講演会に行った。④

 

f:id:mikan-iro:20191023140406j:plain

 

 

 中学受験を決めたらする事

 

まずは、「塾」探し

スタンダードは、3年生の2月から新4年生が始まるので、そこから。

入塾テストを受けてみる。

「花まる学習会」の方は、そのまま「スクールFC」に移動する方が多い。

「スクールFC」の4年生は「社会科かるた」と「理科かるた」があるので、メチャクチャお勧めしたい。

遊んで覚えてお得しかない!と今も思っている。

 

塾によっては、入塾テストで「特待生」となり、授業料が無料になったりもする。

が、恐らくそれは「この先塾にとってお得な子になりうる子」(うまくいけば御三家に合格してくれて塾の宣伝になる)を入塾させるためのもので、途中からは普通に授業料がかかってくる。

受験を迷っていて、とりあえず「入塾テスト受けてみようかな?」で受けて、特待生となり、そのまま「中学受験まっしぐら」という事もあるので、よく考えてみてもらいたい。

一度入ったら抜け出せないのが「中学受験」だ。

 

 

通いたい「第二志望」を見つける

 

  • 第一志望に合格出来るのは3人に1人という現実を受け止めて、冷静に判断する。
  • 第一志望は簡単に見つかるが、第二志望はなかなか難しい。
  • 「第一志望に合格しなければ意味がない」という受験は危険。
  • 中学受験は努力が報われない側面もある。
  • 偏差値にとらわれない教育感を考える事は、人との比較ではなくその子を考える事
  • 受かった学校が最良の学校

 

 

中学受験「必笑法」 (中公新書ラクレ)

中学受験「必笑法」 (中公新書ラクレ)

 

 

 

 

第一志望を決める時期

子どもの「やる気」を引きだすので、早い方がいい。

  • 5年生の間に第一志望を決めておくが、6年生の夏までに変更は可能。
  • 6年生の夏以降は志望校別対策に入るので、それまでに決めておく。
  • 併願校は6年生の秋、9月~12月の模試結果で決める。
  • 後は1月の埼玉、千葉の入試結果で変更して行く。

 

 

 

 

 

受験校の数

平均7校出願。

埼玉、千葉を受け、午後入試も受ける。

「目標校」、「実力相当校」、「安全校」のレベル別の学校の中に、全て「通わせたい学校」を選んでおく。

 

「目標校」はだいたい、9~12月の模試の偏差値+5、「実力相当校」は偏差値そのまま、「安全校」は模試偏差値の-5 くらい。

 

インターネット出願で、試験前日の午後11:59まで願書提出が可能な学校もあるので、2月1日以降、合否によって、この後どこを受けるかが変わってくる。

後になるほど、より安全校にシフトしていく事となるし、倍率も上がっていく。

塾は「必ずどこか」へ合格させようとする。

後半になると、親も子供も追い詰められるし、塾では合格者が嬉しそうに「親子で報告に来る」横で自分は勉強する事になる。

自学室の人数もどんどん減ってくる。

本当にキツイ。

 

 

学校見学

目標総数は「20回」だそうだ。

同じ学校に2~3回も含み、夫婦で一緒に行ったり、分担するのもいい。

理想は3年生の春から、秋の1シーズンに3~4校ずつ行き、5年生までに終わる事。

多くの受験生が6年生になると、「もっと見ておけばよかった」と後悔するそうだ。

 

 

6年生の土日は、授業がある。

なので、一緒に「学校見学」に行くなら5年生のうちに。

 

 

どこを見に行っていいかわからない?という方に最初にお勧めするなら「三田国際」だと、伊藤先生がおっしゃっていた。

最新のシステム、授業がわかるとの事。

行ってみると、「好き」「嫌い」が分かれるともおっしゃっていた。

後は、「名前を聞いた事がある学校」に行ってみるとよいそうだ。

 

 

うちも3年生の頃、「都立中高一貫校」の見学を始めた。

「行けたらいいな~」くらいだったが、都立は「校長先生の異動」があり、校長先生が変わると学校もガラッと変わる。

おまけに平均倍率6倍で、なかなか厳しい。

4年生からは普通に「私立学校見学」を始めた。

まず最初に行ったのは「麻布」だったな~・・・

「変わり者」だから勧められたのだが、麻布に合格できるくらいの勉強量は息子には無理だ。

この頃から「ちゃんとやれば・・・」と言われていた。

「やらない」、「できない」のも実力。

 

「麻布」の説明会はさすがにすごい人気で、全教室をライブ配信でつないでも、次々ひとがやってきて、立ち見でも「立つ場所」すらないくらい人で溢れかえっていた。

 

そりゃみんな「麻布」行きたいよね。

 

 

秋に「学校行事」がたくさんあったので、平日が「振り替え休日」となっている方も多いと思う。

そんな時は、登校時間に合わせて「志望校」に行ってみよう

うちは「芝」に2回行き、「栄光」にも2回行った。

栄光学園」は夏時間と、冬時間があり「登校時間が30分違う」。

これに合わせて両方行ってみた。

是非、平日のお休みには「志望校」への練習登校を。

 

 

「幸せな受験」となるかどうかは、下準備と心の持ち方だろう。

 

 

 

 

 

学校はたくさん見ておくに越したことはないです。

第一志望校は3人に1人しか行けません。

第二志望、第三志望・・・と行かせたい学校をたくさん選んでおいてください。

第一志望不合格後、合格した中から学校を選ぶ際、「偏差値順」で選びがちですが、それもよく考えてください。

偏差値ではなく、我が子に「行かせたい学校」選びをしてください。

 

 

 

www.mikan-iroblog.com

 

 

↓ 中学生編。

www.suika.tokyo