「中学受験」って大変。

「中学受験」第一志望を逃して落ち込むも、立ち直る。個人的な勝手な思いを綴ったブログです。参考程度にしてください。講演会のお話も書きます。

「中学受験」。「中学受験のはじめ方 ~幸せな受験の下準備~」学校見学の種類。模試会場を利用しよう。⑤

御茶ノ水カレッジの「伊藤潤先生」の講演会に行った。⑤

 

 

f:id:mikan-iro:20191023140406j:plain

 

学校見学の種類

 

 

◎合同説明会

複数の学校が1か所に集まって行われる。

毎年5月に「ベネッセ」主催の合同説明会が「国際フォーラム」で開催されている。

 

 

↓ 11月17日(日)

www.netty.ne.jp

 

  • 一度にたくさんの学校が見られる
  • 個別の相談も受けられる
  • 勉強の相談も可能
  • 聞くべき質問がないと、表面的な情報集めとなる
  • 人気校は並ぶ→どの学校が人気なのかがよくわかる。但し時間帯によって違ったりもする。

 

 

伊藤先生が例としてあげている質問が

「うちの子は●という性格ですが、御校の校風に合いますか?」

「●中と●中で迷っているのですが、どちらの方がいいと思いますか?」→これって、個別相談で聞けるとは思えない・・・

 

 

全国の学校のパンフレットがあったりするので、とりあえず行ってみるのがいいと思う。

御三家の個別相談は「予約制」だったと思う。

名前を聞いた事がある学校だったら、「校風」「理念」等を聞いてみるのもいい

合同説明会で目星を付けてから学校説明会にいくのもいい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◎学校説明会

学校で開催されていて、授業見学ができる学校もある。

  • 一部授業が見られるところもあるが、生徒の「素」の様子が分かりづらい
  • 子どもは連れて行かなくていい→飽きる

 

 

www.mikan-iroblog.com

 

 

 

 

 

◎学校行事

文化祭や体育祭、体験授業も。

  • 子どもと一緒に行くのに適している
  • 在校生の姿がよくつかめる
  • 在校生に聞く→「嫌いな先生はいる?」「宿題は大変?」「辛い事は何?」「塾はどのくらいの子が行ってるの?」

 

学校説明会では、人当たりのいい先生たちが前で話し、子どもたちも緊張している。

「学園祭」では並んでいる隙に、生徒に話しかけやすい。

警戒していないので、本当の事を話てくれる。

 

学校の事は「通っている生徒」、「通わせている保護者」に聞くのがいちばん。

 

 

 

◎模試会場として

  • 5年生の模試で平均2校、6年生の模試で平均6校ほど行くチャンスがある
  • 子どもが模試を受けている間、保護者向けの説明会が聞ける
  • 併願校選びに活用できる

 

 

「合不合判定テスト」は、めんどくさいので「四谷大塚」で受けたかったが、塾の先生に「学校に行け」と言われた

そもそも「四谷大塚会場」は四谷の生徒でいっぱいで受けられない。

そこで、毎回「受験するかも?」と思う学校を選んだ

6年生では「埼玉」や「千葉」の練習校にも行ってみた。

学校自体の説明会のほかに、四谷大塚の先生の現状のお話があり、ためになるので絶対に参加した方がいい。

 

 

学校見学の始め方としては

「学校に合わせるのではなく、子育ての軸に合う学校を選ぶ」こと

 

 

↓ 中学生編。

www.suika.tokyo