「中学受験」って大変。

「中学受験」第一志望を逃して落ち込むも、立ち直る。個人的な勝手な思いを綴ったブログです。参考程度にしてください。講演会のお話も書きます。

「御茶ノ水カレッジ」「花まるラボ」の川島先生の講演会に行った。

STEAMの世界を体験。

 

川島先生はズバ抜けて「頭がいい」のはもちろんだが、子どもたちへの愛に溢れている人だと思った。

 

「やさしい人」ってこういう人。

施設の子どもたちや、海外教育支援もされている。

 

さすが「井本先生」の教え子だ・・・

私が出会った「栄光生」はみんなやさしい。

 

 

 

川島先生は小4の頃から、「算数の問題」に興味があり、「何でこの数値設定にしたんだろう?もっと美しい数字があるのに・・・」「この問題のポイントには30%の人しか気付かないぞ!!ヤッター」等と考え、今も毎年「東大入試問題」を趣味で解いているそうだ。

 

高濱先生の「小3までに育てたい算数脳」を読んで号泣したとおっしゃる、「変わり者」。

「自分がおぼろげながら大事だと思っていた事が、確信として書かれていて感動した」との事。

その感性が素晴らしいと思った。

 

 

小3までに育てたい算数脳

小3までに育てたい算数脳

 
小4から育てられる算数脳plus

小4から育てられる算数脳plus

 

 

 

 

 

STEAM教育とは

 Science(科学)、 Technology(技術)、 Engineering(工学)、Mathematics(数学)を統合的に学習する「STEM教育(ステムきょういく)」に、 Art(芸術)を加えて提唱された教育手法である。

 

 

 

「花まるラボ」では、

「世界中の子どもたちの知的なワクワクを引きだす」というのをコンセプトとされている。( feel   make   think )

 

www.hanamarulab.com

 

 

子どもたちの知的なワクワク(wonder)を引きだす上において良質な教材を作る。

→それを経験した子どもたちが新しいイノベーションを作っていくだろう。

 

 

マサチューセッツ工科大学と、中国の深センの取り組みも紹介された。

 

川島先生は「シンクシンク」の開発者でもある。

 

www.hanamarulab.com

 

↑ これは本当に「中学受験」の図形問題に役立った

 

 

学力 = 意欲 × 思考力 × 知識

 

意欲とは、粘り強さや、非認知能力。

思考力とは、1を聞いて10を知るような「考える力」。

知識とは、スキル。

 

意欲と思考力を伸ばす事によって、知識も伸びる。

 

カンボジア」の実験で、「シンクシンク」を3ヶ月やった子たちの学力が6ポイント上がるという結果が出た。

「シンクシンク」は学力テストの問題とは全く被っていないにも関わらず、学力が伸びるという結果となった。

 

川島先生の目指しているのは、

世界中の子どもたちのワクワクを引きだす事

その「ワクワク」により、知識が増え、勉強が好きになるかもしれない。

 

 

↓ 「花まるラボ」からは更に「受験」に特化した「究極の立体<切断>」というアプリが出ている。

cubecut.ultimate-math.com

 

以前までは、開成や麻布で出される「切断」の問題は、「頭のいい子を見抜く問題」だったが、川島先生は

 

「テクノロジーを用いれば、みんなできるようになる」とおっしゃった。

 

それが「究極の立体<切断>」アプリだ。

紙だけだとイメージするのが難しかったものを、アプリを使って立体で見られるようにした。

 

「切断」は点と点を結ぶのだが、それには「同一平面」である必要がある。

同じ平面を作るには「平行」か「延長」しかない。

それをこのアプリでは目で見て理解できる。

お値段は¥5000とアプリとしてはお高めだが、絶対にオススメしたい!

 

「立体の切断」に関しては「家庭教師」に¥5000払うより、こちらの方がわかりやすいと思う。

 

 

もっと小さいお子さんには、問題文がなく「自分で考える」「絵なぞぺ~」がオススメだ。

 

考える力がつく算数脳パズル 絵なぞぺー 〈小学2年~6年〉

考える力がつく算数脳パズル 絵なぞぺー 〈小学2年~6年〉

 

 

どれもこれも「思考力を高める」のにオススメしたいものばかりだ。

「花まるラボ」は、きっとこれからもいろんな「ワクワクするモノ」を開発してくださるだろう。

 

 

 

↓ 高濱ゼミ」「思春期の子どもと上手につきあうには?」のブログはこちらから。

ゲストは「おおたとしまさ」さん。

www.suika.tokyo