「中学受験」って大変。

「中学受験」第一志望を逃して落ち込むも、立ち直る。個人的な勝手な思いを綴ったブログです。参考程度にしてください。講演会のお話も書きます。

「高濱ナイト」。「株式会社サイボウズ代表取締役社長 青野 慶久さんの回」

今、輝いてる人をゲストに・・・の「高濱ナイト」。いちばん勉強になった回だと思う。

 

これまでの高濱ナイト」のゲストの方々は、何にでも秀でていて、挫折感をあまり味わった事がない方ばかりだったような気がする。

 

そんな中、青野さんは何かする度に、いつも「ああ、この人には叶わない・・・」という人物が登場してきて、次のものに移行されてきた方だった。

 

そんな青野さんも、他の方々と同様、外遊び組だ。

小さい頃は愛媛県の田舎で育ち、学校まで1時間の道のりを徒歩で移動中、周りにある自然の物全てが「遊び道具だった」とおっしゃった。

 

秘密基地があり、自分の居場所感がある。

男子の子ども時代には必ず登場する「秘密基地」

街中に住む、うちの息子でさえ「秘密基地」を持っていた。

ビルとビルの細いすき間に、ダンボールで屋根を付け、毛布を持ち込み、友だちとそこで過ごしていた。

大人が見たら、全然寛げない場所だ。

 

「いい学校」「いい大学」は都会の方が有利だが、こうして社長として成功されている方々は「田舎」で育ち、外で走り回った方が多い。

 

お父さんがエンジニアだったので、家にいろいろな道具があり、小学生の頃、はんだごてを使って回路設計をしていたそうだ。→環境が違うな~と思った。

 

中1の頃にPCに興味を持ち、プログラミングの本を読んで、自分で作ってみた。

世の中に今までなかった「PC」というものが登場し、同じスタートラインに立てるので「父を負かしたい!!」と思ったそうだ。

 

2つ上のお兄さんもいらっしゃっるそうで、高濱先生がおっしゃるには、上に兄弟がいると、常にそこに追い付こうするので、何でも上手くなる。

お兄さんはライバル。

「超えてやる!!」で下の子は伸びる。

 

 

この頃から毎日「発明ノート」というものを付けていたそうだ。

雑誌「子どもの科学」の投稿し、賞ももらったとおっしゃっていた。

自分で考えるのが好きな子どもだったらしい。

 

高濱先生と同じように、小学校時代に「自分を認めてくれる先生」との出会いがあった。

高濱先生は自分は「特別視された」と感じた人が伸びているとおっしゃる。

青野さんも、先生と対等に将棋をさされていたようで、一人前扱いされた事が自身に繋がった。

 

 

ここまででわかるのは、

成功者

 

田舎で育ち、(外遊び)

親に勉強しろと言われた事がなく、(自分で考える)

秘密基地を持ち、(穴を掘ったり、みんな持ってる)

ライバルの兄がいて、(兄弟で競うので伸びる)

試行錯誤の毎日を送っている人だった。(物をどう使うか?何を作るか?)

 

 

対談が始まって早々、「3ヶ月勉強して阪大に入った。」いう話があった。

「合格するための勉強」を必死でやったとおっしゃった。

勉強方法は至ってシンプル。

 

「授業」をちゃんと聞き、自分がわからなかった所だけを、わかっておけば、後はそれを潰していくだけでいいとの事。

 

小さい頃のからの、「自分で考える生活」で確実に「地頭」が育っていたんだろうと思う。

 

うちも小さい頃、あれこれ口出しせず、もっと自分で考えて、選択させればよかった・・・

今、本当に困っている。

子育てが難しい。

 

 

 

↓ 中学生編。

www.suika.tokyo