「中学受験」って大変。

「中学受験」第一志望を逃して落ち込むも、立ち直る。個人的な勝手な思いを綴ったブログです。参考程度にしてください。講演会のお話も書きます。

「高濱ナイト」。「株式会社サイボウズ代表取締役社長 青野 慶久さんの回」②

30才で社長に。「私はこれ!!」というものを見つける。

 

いつも、「自分ではもっと行ける」と思っているのに、やってみると「普通」で、この人には叶わないという人を見てきた。

いつも「中途半端」で天賦の才能には勝てない。

 

プログラミングも自分で本を読み勉強したが、プログラミングというのは見た瞬間に「差」がわかるらしい。

 

青野さんの言葉では

「プログラムを見ると、論理的美しさが違う」とおっしゃった。

 

そんな「この人には勝てない」というプログラミングの技術者の方と一緒に起業された。

「この人のプログラムを売りたい」と自分は販売する側にまわった。

 

世の中にコンピューターが出始めた時、これまで何をやってきても中途半端で「あれも負けた」「これも負けた」と敗北の人生だと感じていたが、

「これは行けるかもしれない」

「これは離したくない!」と思ったとおっしゃった。

 

 

「コンピューターによって全て変わるんだ!!」と感じた。

今、IT業界で活躍されている方々は、みんなこの頃同じように感じた方ばかり。

 

ただ、これからの時代は、小学校でもプログラミングの授業が始まり、「プログラミング」はスタンダードとなる。

誰にでもできるのが当たり前となり、今更これをやったところで、有利にはならない。

英語もそう。

どうしたって機械には勝てない。

 

「何を学べばいいか?」

自分は何に興味があるんだろう?と、「内側から湧き出るもの」を掴みとる能力が必要となる。

 

「私はこれ!!」 というものを感じ、掴み取る能力。

 

やらなければいけないではなく、「次何やろう?」と考えていく人生。

 

「ん?」と引っかかったものにこだわる力が必要。

 

「何かないかなあ?」と考え続けてとりあえず、楽しむ。

 

楽しくなければすぐ手放す。

 

「あっ、いいな!」と思い付いた経験を重ねる。

 

 

 

ここで高濱先生が「ARTのとびら」のRin(井岡由実)先生の話をされた。

 

小さい子が描いた絵に「これ何かいたの?」は聞いちゃいけない。

評価されちゃダメ。

絵なんて自由

 

自分の人生   周りの評価軸でいくのか?

        自分の評価軸でいくのか?

 

自分は「これがいちばん楽しい!!」とわかっていないとダメ。

 

こころと頭を同時に伸ばすAI時代の子育て

こころと頭を同時に伸ばすAI時代の子育て

 

 

高濱先生は、アートの仕事か、子どもに関係する仕事かで迷い、

 

「毎日子どもと一緒の仕事だと、毎日感動できる!!」と気付いてその道に進んだ。

60才を過ぎた今、自分で選んで来た道なので「何の後悔もない」との事。

 

世の中に溢れている「不幸な大人たち」は、自分で選ぶことをしてこなかったばっかりに、後悔している人たち。

 

「親がこっちがいいって言うから」、「友だちが入ったから」・・・

「偏差値が高いから」、「こっちの方が給料が高いから」・・・

親に直接言われた訳ではないが、何となく親の意向を汲み取って、そちらを選んできた人たちもいる。

年を取って思うのは

「自分が本当にやりたかったのはこれじゃない」という後悔。

 

 

「心の内側に向き合う教育が全くない」高濱先生はおっしゃった。

内面はもっとドロドロしているもの。

それに向き合わなければならない。

 

 

今、子育てをしていて、「思うように行かない事」ばっかりで、失敗した・・・と思う事の方が多い。

息子はまだ「何が好き」かを考える時間なんだろう。

 

↓ この話が怖かった。覚悟がいるな。

edua.asahi.com

 

自分に向き合い、自分で選択して、自分で責任を取る人生に。

 

 

↓ 中学生編。

www.suika.tokyo