「中学受験」って大変。

「中学受験」第一志望を逃して落ち込むも、立ち直る。個人的な勝手な思いを綴ったブログです。参考程度にしてください。講演会のお話も書きます。

「高濱ナイト」。「株式会社サイボウズ代表取締役社長 青野 慶久さんの回」③

「公式を覚えるだけだとつまらない」と思える力。

 

学生時代、3日3晩「ゲーム」をやっていた事があったが、親に怒られなかったそうだ。

 

「中高以降は好きな事をやれ」

 

高校時代は授業がつまらなくて、「意味あんのかなあ?」と思い、学校と距離を取っていた。

高校は「バイト禁止」だったが、先生と交渉。

「親を助けたい!」「バイトで参考書を買ってみたい。」などと先生を説得。

見事に交渉成立で、「郵便配達」のアルバイトをした。

「働くって何だろう?」と考え、「将来やらないだろう仕事」から選んでバイトした。→これは高濱先生もおっしゃっていた。

 

将来、やらないであろうものから潰して行った。

 

 

その後「プログラミング」が楽しかった。

「自分が思い描いたものが、そのまま表現できるところ」が魅力だった。

 

阪大工学部に3ヶ月の勉強で合格。

3~4年分の過去問を見て研究、分析し法則を学び、合格するための勉強をした。

→頭のいい人は、必ず分析するよな~。

 

物理が好きで、公式は覚えず、基本式しか使わずにテストに臨む。→できた快感。

塾の受験技術は「公式を覚えて効率よく」だが、それじゃあ面白くない。→自分で発見して考えるのが楽しい。

 

パナソニックに入社後、Windows95を見て「世の中変わるぞ」とみんな気付いた。

3人で起業し、4ヶ月後には黒字に。

2003年に社長になった際、28%の離職率だったそうだ。→4人に1人辞める会社。

青野さんでさえ落ち込んで、死にたくなったとおっしゃっていた。

 

そんな中でも、付いてきてくれる人に感謝して、

この人たちが幸せになれる会社をつくろう!!→こうしてわがままを1つずつ叶えて行った。

100人いたら100通りの働き方がある。

 

 

 

いいグループウェアを作って世界中に広げるビジョン→社員はそれに向けて全力を尽くしてくれる。

 

 

ここで高濱先生がボクシングの村田諒太さんの話をされた。

 

選手には2種類いる

サボる理由を考える人→人に言われて始めた人

何があってもやれる人→自分でやると決めた人

 

スタートが「自分で決めた」かどうか

自分で決めた人は、自分で言ったので守るし、言い訳しなくなる。

 

 

↓ 高濱先生が大好きだとおっしゃる村田諒太さん。

 

 

 

これからの時代、

「言われた事をやるのでは幸せになれないし、コンピューターに勝てない」

 

「何をやりたいか?」に向き合わないと、人間は幸せになれない。

 

子どもにも 

 

自分で考えさせて、自分で選択させて、自分で責任をとらせる

 

訓練しないとなかなか難しい。

 

基礎教育は大事で「学校で習う事」くらい知っておけ。

ネット検索できるかどうか?も大事。

 

人は興味があって、面白いものしか学ばない

 

人と比べるのは本質→自分を知る→勝ち負けにこだわれる子は伸びる

 

人と比べた時に負けて悔しくない物もあり、そこで自分の軸を知れる。

 

 

青野さんの「高濱ナイト」、いちばん「聞けてよかった・・・」というお話の数々だった。

子どももそうだが、自分の好きな事も考えないとダメだ。

これから自分は何をしたいのか?じっくり考えてみようと思う。

 

 

↓ 中学生編。

www.suika.tokyo