「中学受験」って大変。

「中学受験」第一志望を逃して落ち込むも、立ち直る。個人的な勝手な思いを綴ったブログです。参考程度にしてください。講演会のお話も書きます。

「中学受験」。来年は、今年よりさらに狭き門に?

年々増え続ける受験者数。

 

www.yomiuri.co.jp

 

2020年、大学入試改革がゴタゴタしている。

 

これじゃあ、親は不安で仕方がない。

 

大学付属の人気が上がるのも当然だろう。

 

今年の受験者でさえ「何でこんなに多いの?」と思っていた。

 

うちは3年前、4年生の頃から、とりあえず「説明会」には参加していたが、明らかに「説明会」に来る親の数も年々増え続けていた。

 

3年前までは、予約もなく、開始時間までに会場に行けば入れたものが、まず、「予約なし」では入れない学校が増えた。

その予約も、スタートしたその日の夕方には満席。

急遽、午前、午後の二部制の「説明会」となっても、あっという間に満席。

 

「どうしようかな?」と迷っている間に、席はなくなった。

 

そういう時は、毎日、数回「学校HP」をチェックしては、キャンセルがでていないかの確認をする。

とりあえず、別の場所での「映像配信参加」でもいいので申し込んでおき、毎日チェック。

空きが出たら、すかさず「予約の取り直し」をして、「映像配信」の方をキャンセルしていた。

この作業だけでも、時間がかかる。

 

受験予定校は、やはり、受付開始すぐに申し込むのがいいだろう。

 

 

 

 ↓ 予想倍率が出ていた。

diamond.jp

 

先日の講演会で「初めて見に行く学校」としてオススメされていた「三田国際」。

 

diamond.jp

どんどん人気が上がっていて、今出ている、偏差値では計れない。

説明会に行くとわかるが、各処にネイティブの先生が立たれていて「ハロー」などと言われるので、ちょっと緊張する。

「話しかけてこないでくれ~」と思う。

説明会も面白くて、インカムを付けた先生方によって、次々要領よく事が進んでいく。

それだけで「ここがいい!!」と思えてくる。

たくさん「説明会」に行くとわかるが、「何でこんな要領悪いねん?」というところもある。

説明会シーズン、毎週、毎週、各学校を周っている保護者は「絶対他と比べる」と分かっているはずなのに「そちらの学校はほんとにこれでいいんですか?」と思う事もある。

 

ただ、説明会が「いい印象」だったから・・・「悪い印象」だったから・・・では、本当の学校の良し悪しがわからないのが難しい。

 

絶対に、「今」、学校に通っている生徒や保護者に聞いた方がいい

 

 

 

 

 

 

さて「入試説明会」も始まっています。

本番が近付いてきた感じが漂ってきました。

親子とも「後悔のない受験」を目指してください。

 

 

↓ 中学生編。

www.suika.tokyo