「中学受験」って大変。

「中学受験」第一志望を逃して落ち込むも、立ち直る。個人的な勝手な思いを綴ったブログです。参考程度にしてください。講演会のお話も書きます。

「中学受験」。受験算数の解説。小5、小6の問題が中学の基礎となる。

「花まるラボ」の川島先生は趣味で受験問題を解いて、更に解説してくれている。

 

先日、2週連続で「花まるラボ」の川島先生の講演会に行ったが、先生は算数の問題が好きすぎて、趣味で「受験問題」を解いていらっしゃる。

 

そして、それを「どこよりも早く解説する」という事をされている。

 

education.hanamarulab.com

 

 毎年、この「花まる」のサイトに、受験が終わってすぐにアップされる。

 

 

 

↓ 中学受験にかかせない「立体の切断」アプリもある。

cubecut.ultimate-math.com

図形が苦手でも、画面上で回転させて、自分の目で見る事ができるので、参考書などの平面で見るより理解しやすい!

 

 

 

川島先生は、小学生の頃から「算数の問題」に興味があり、数字の美しさについて語られていた。

 

因みにその時、恩師の「栄光学園」井本先生の話もされたのだが、

井本先生は「10人いて後ろから数えて何番目と、前から数えて何番目?」という時、最後に「1」を足すというのが面白い!!と感じたのがきっかけで、算数好きになったという話をしてくださった。

 

このように、どんなきっかけで、算数、数学好きになるかわからない。

 

小さい頃は、いろんな数を数えたり、パズルを解いたりしておくといいんだ・・・という事がよくわかる。

 

息子は延々と、電車の車両を数えていたな・・・・

 

 

先日「全国統一中学生テスト」というのを受けた。

 

数学だけが「よかった~」。

これは間違いなく、「中学受験勉強」のお陰だろう。

 

今、こんなにがんばっている「中学受験勉強」は、必ず役に立つ。

 

 

http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/r/ryuseism/20150708/20150708231525.jpg

 

「勉強の仕方」のプロの清水章弘さんがNHKテストの花道」という番組でで紹介したという「もどりま表」。

 

 

数学は、小5、小6で習った事が基礎となるので、中学生になってつまづいたら、「どこまで戻ってやり直せばいいか?」がわかるようになっている「もどりま表」というもの。

 

中学生にはもちろんだが、受験生にも役に立つと思う。

 

 

 

「苦手」も「キライ」も克服できる!  「小学校の算数」が1冊でちゃんとわかる本

「苦手」も「キライ」も克服できる! 「小学校の算数」が1冊でちゃんとわかる本

 

 

 

 

本番まで残り70数日。

 

体調に気を付けてがんばってください。

 

 

↓ 中学生編。

www.suika.tokyo