「中学受験」って大変。

「中学受験」第一志望を逃して落ち込むも、立ち直る。個人的な勝手な思いを綴ったブログです。参考程度にしてください。講演会のお話も書きます。

「中学受験」。難関国立七大学合格者数。公立中高一貫校からは?大人気の公立中高一貫校。

公立中高一貫校からの難関国立七大学合格者数

 

edua.asahi.com

 

地方の学校が上位を占め、東京の「小石川」が8番目。

 

東京で「公立中高一貫校に入るには、6~8倍くらいの中を勝ち抜かなければならないが、先日講演会でお話したお母さんは千葉なのでもっと倍率が高かった。

 

東京には「区立九段中学」という「千代田区立」の学校もあり、千代田区の区民だと入りやすくなっていて、他の区からの入学より、学費も安くなっている。

ただ、千代田区民が入りやすくて、偏差値的にも低いように見えるが、入った人によると、決してそうではないらしい。

みんな勉強してきているし、みんな頭がいい。

高校になって海外へ出る人も多いと聞いた。

そもそも、千代田区の小学校の授業だって、内容を聞いてみると他とは違う・・・と感じた。

恐らく「文京区」なんかも、他とは違うだろう・・・

それは埼玉だって、千葉だって同じ。

地域によって違う。

英語だって、息子の通っていた田舎の小学校では、「お遊び」程度だったが、他の所では、読み書きができるまでになっている。

公立小学校であっても確実に授業内容に「地域差」はある。

 

 

「公立中高一貫校」の適性検査だが、大学入試にも繋がると言われている。

公立の授業料で、私立並みの授業を受ける事ができたらそりゃありがたい。

が・・・倍率が・・・

昔は「お試し受験」する子も入れての倍率だったが、今は、そこに向けて勉強してきた子たちの中での倍率となっていて、そうそう入れない。

 

 

 

edua.asahi.com

 

それでも、2月3日、本命の学校がないなら、受けてみる価値はあると思う。

そんな入れる確立の低いところに1日使ってる場合じゃないわ!というお母さんもいた。そこはそれぞれご家庭の判断で。)

 

「公立中高一貫校」もいい学校がたくさんある。

 

全部の公立を見に行ったが、それぞれ全部いいところがあった。

難点は「校長が変わる」とガラッと変わるということはある。

 

 

私立の勉強をしていれば受かる可能性もあるので、通える距離に「公立中高一貫校」があるなら是非オススメしたい。

 

模試は「大原予備校」でそっくりテスト」というのがある。

でも、その模試ですら人が溢れていて驚くと思う・・・

それくらい「公立中高一貫校」への道は厳しい

 

 

公立中高一貫校適性検査対策問題集 数と図形編 (公立中高一貫校入試シリーズ)

公立中高一貫校適性検査対策問題集 数と図形編 (公立中高一貫校入試シリーズ)

 

 

2020年度受検用 公立中高一貫校適性検査問題集 全国版

2020年度受検用 公立中高一貫校適性検査問題集 全国版

 

 

 

↓ 中学生編。

www.suika.tokyo