「中学受験」って大変。

「中学受験」第一志望を逃して落ち込むも、立ち直る。個人的な勝手な思いを綴ったブログです。参考程度にしてください。講演会のお話も書きます。

「中学受験」。本番が迫る中。できるだけたくさん「行きたい学校」を見つけておく。

過去問が解けなくなったら?

 

edua.asahi.com

 

埼玉受験まであと1カ月とちょっと。

 

模試もいよいよ12月で終わり。

 

塾で最後の面談をして、志望校を決定して行く

(第一志望以外は、最後まで変更可能。)

 

 

そんな中「過去問」が解けなくなったら、親子とも焦るだろう・・・

 

12月なんて、親子とも追い詰められる時期だ。

 

自分のところだけじゃなく、誰もがそうだと思って欲しい。

 

秋以降はみんながんばって勉強する。

 

なかなか偏差値は上がらない。

 

「あんなにがんばったのに・・・」成績が上がらず不安になる。

 

みんなそんなもんだ。

 

ここまできたら親はもう、安心感を与えるだけ

 

 

息子は12月といえども、それ程必死感はなく、私は諦めモードだった。

 

「奴は埼玉が終わってからが勝負ですよ!」と言われていたので、待つしかなかった。

 

結局、本人がやる気にならなければダメだからと。

 

今ではそれが甘かった・・・と思っている。

 

一体どれだけの「受験生」が自分で気が付いて、がんばっているだろうか?

 

恐らくほとんどの子どもたちは「合格」を目指して、やらされているはずだ。

 

やっぱり「合格」したかったので、もっと無理にでもやらせて欲しかった。

 

後の事は、合格してから考えるから・・・

 

確かに「中学受験」を終えて、行きたい学校に入ったけど、燃え尽きて、そのまま脱落する子もいるが、そこで奮起して頑張る子だっている。

6年間あるので、どこでやる気になるかもわからない

 

どっちに転ぶかわからない以上、

とりあえず「合格」はしたかった

 

 

「中学受験」は親がベッタリで、「とにかく合格」を目指したが、「中学生」からは、

親は手を離し、子どもの自主性に任せて成功している方がいるのも知っている。

(逆に花まるラボの川島先生は、親がベッタリでこいつは夏休みまでしかもたないな・・・と思った子がその通りになったというお話もしてくださった。)

 

 

子どもはこの為に3年も、4年も、遊ぶのを我慢してやってきたんだから、やっぱり合格したいでしょ。

親がそう願って何が悪いよ・・・と思う。

何校も、何校も見てまわって「ここなら!」って、せっかく見つけた学校だよ。

そりゃ行きたかったよ。

 

塾の先生にとっては「毎年、毎年」の事だろう。

親とは思い入れが違う。

いや、先生のせいじゃないな・・・

私がもっとしっかりしていれば・・・と思う。

 

今は「第一志望」に入れるのは4人に1人と言われている。

難しいけど、子どもの心を折らない様に残り2ヶ月、やれるだけの事はやった方がいいい。

だって後悔するから・・・←子どもはあっという間に忘れるのでご安心を

多分、「行く学校が決まった時」にはもう落ちた事なんてすっかり忘れている。

子どもはどこでも全然大丈夫なので、あまり心配しないように。

この切り替えの早さに親が付いて行けないだけ

 

 

私も普段は忘れているけど、こうして書いていると記憶がよみがえり、後悔がわき出てくる。

どうか親子とも悔いのない受験を。

「これ以上はできない」ところまでやりきったら、きっと親子とも後悔しないはず。

 

 

ただ、ダメだった時のことも考えておく必要はあると思います。

たくさんの行きたい学校を見つけてください。

 

そして周りを見て思うのは明らかに

「親に余裕がある子ども」の方が合格していると思います。

その点でも私は劣っていたな・・・かなり息子を追い詰めた自覚があります。

 

 

 

↓ 中学生編。

www.suika.tokyo