「中学受験」って大変。

「中学受験」第一志望を逃して落ち込むも、立ち直る。個人的な勝手な思いを綴ったブログです。参考程度にしてください。講演会のお話も書きます。

御茶ノ水カレッジの「高濱ナイト」に行ってきた。ゲストは「船橋力」さん。その2。

留学の話。ただただ息子に行かせたい!!

 

tobitate.mext.go.jp

 

 トビタテ!留学JAPAN 

 

どう考えても、息子が高校生になったら行かせたいでしょ。

 

「トビタテ!留学JAPAN」の選考基準が面白かった。

1、情熱

2、好奇心

3、独自性

語学力は問わない!

 

これなら、絶対合格出来るでしょ!

自分の得意なものを広める活動で、留学中は日本の事を発信しなければならないので、日本をよく知ることができる。

逆に帰ってきたら、留学先の事を発信する。

「経験を与えた上」での発信となる。

10人~100人の友だちを作ってくる!

 

これからは「越境体験」が大事。

アウェイ体験により、タフネスが身に付く。

海外に出る事によって、他人と触れ、自分を知ることもできる。

 

日本で「越境」するには場数と種類が大事。

いろんな体験を積んで「変化が激しい時代に対応できる人」になる。

 

海外に出て、なるべく多様な価値観や、生き方を知る。→海外に行けば、いろんな人がいっぱいいる!

 

例えば、会社勤めで「転職経験」のある人は、新しい職場に1ヶ月で慣れるが、「転職経験」がないと慣れるのに9ヶ月かかるそう。

今は、1つの事だけやっててもダメなんだな・・・と思った。

 

日本のように安心、安全で選択肢が多い国は稀だそう。

とはいえ、受験、就活、転職、結婚、離婚に関しては、暗黙の了解があり、選択できない空気があるとおっしゃった。

何かにぶち当たった時、「別の選択肢があるかどうか?」と考える力があるかが大事。

 

不遇な人生の中においても「生きて行ける人」

「自己抗力感」を持って頑張り抜く力を付ける。→わかるけど、がんばって成功した人たちが言っても説得力がないな・・・と思った。「高濱ナイト」は頑張り抜いて成功した方たちだ。

いじめや差別や、親の厳しさを生き抜いて来られたんだろうけど、船橋さんは、最後は自分の力で成功されている。

そこまでみんなは頑張れないかもしれない・・・

頑張っても「成功」できないかもしれない・・・

そんな中でも「生き抜く力」が必要なんだろう。

「生きる」って厳しいな・・・一生勉強だな。

 

この「講演会」が始まる前、会場に入ってこられた高濱先生が「うわ~、今日はスゴイ方たちが来てる!歴史に名を残すような方々がいっぱいですよ。」とおっしゃり、「講演会終了後」にその方々に駆け寄っていらっしゃった。

嬉々としてお話されている姿を見て、

努力も足りず、何も名を残せず、存在価値も何もない自分がもの凄く悲しくなった。

「類は友を呼ぶ」で成功者たちは成功者たちで集まる。

高濱先生が以前おっしゃっていた「ああいう人たちとお友だちになれる人生が楽しいんですよ!」がそのまま表れていた。

「遠い世界だな~」と感じた。

そんな中でも

「よおし!高濱先生に一目置かれる人物になってやる!!」と思えればいいのだが、なかなかそうはいかない・・・

私が、自己肯定感ないな~。

とにかく、自分ができることをこつこつやって行こう。

 

 

「トビタテ! 世界へ」

「トビタテ! 世界へ」

 

 

 

「トビタテ!留学JAPAN」の応募者は「女子」が多いらしい。

何でも行動力があるのは「女子」らしい。

「品川女子」では、学校で全員に応募書類を書かせるそうだ。

応募書類を書くこと自体が大事で「書けるかどうか?」。

ここで自分の思いと向き合うこととなる。

 

他には質問で「いつ頃海外へ出せばいいか?」というのがあった。

短期的なものは「中学生以下」でもいいが、「高校生」からの方が、きちんと母国語を身に付け、海外に出ても議論ができるようになっているのではないか?とおっしゃっていた。

船橋さんのお姉さんが「中学生」で海外生活だったので、未だに日本語が少しおかしいそうだ。

日常生活には困らないが、きちんとした日本語を身に付けるためには、中学までは日本にいた方がいいのでは?というお話だった。

今の世の中、瞬時に翻訳できる機械も出来、差別化するには「別の言語」がいいのでは?というお話もされていた。

 

 

私はこれらのお話を伺って、とりあえず中学生で「山村留学」

高校生で「海外留学」に行かせたい!と思って息子に話してみたが、

本気で嫌がっていた・・・

息子は、「海外は危ない!」と思っている。

確かにそうだろう。

 

どうしたら「自分で行きたい!」という子になるんだろう?

 

高濱先生は「カッコいい大人を見せる事ですよ。」とおっしゃった。

私の予想では、まだ息子はそこまで成長していない。

 

これからは、「日本の普通の教育」を受けているだけじゃダメな気がする。

特に息子は「変わっている」し、普通なんて通用しない。

ただ無理やり行かせても意味がない。

自分で選んでいないからきっと「挫折」するだろう。

 

 

体験の種類が多い方がいい。

その中から自分で選ぶ。

「ワクワク感」か「危機感」で人は動く。

好きな事をする。

これらがキーワード。

息子には「自分で選んで、自分で責任を取る人生」を送らせたい。

 

 

 

www.mikan-iroblog.com

 

 

 

↓ 中学生編。

www.suika.tokyo