「中学受験」って大変。

「中学受験」第一志望を逃して落ち込むも、立ち直る。個人的な勝手な思いを綴ったブログです。参考程度にしてください。講演会のお話も書きます。

「中学受験」。出願も大変。12月31日が銀行休業日だと知らなかった私。

インターネット出願が多いが。 

 

栄光学園」は遠いのでインターネット出願が助かった・・・

 

「芝学園」は未だに学校に書類を揃えて行かなければいけないので大変。

 

 

edua.asahi.com

 

 

張り切っていたので、出願用紙の「志望動機」だって1回目と2回目、違う理由をびっちり書きこんだ。

落ちた身としてはたいして関係なかったのかも・・・と思う。

逆に塾の先生に「奇をてらった様な事は書くな」と言われた。

 

早い番号の方が、午後入試の際、先に教室から出てくることができるので、私は並んで「1番」に行こうと思っていた。

 

ところが息子が「受験番号1番の人って合格してるの見た事ないよ。」と言うのだ。

 

そういえば、「合格発表」で張り出される最初の番号で「1番」ってあんまりないかも?と思った。

説明会で「午後が空いている」と聞いていたので、お昼頃出願に行った。

 

受付開始初日だったが、並ぶ事もなく、普通に講堂に入り、1人ずつ、2月1日の1回目と、2月4日の2回目の出願を終えた。

 

その地点で2回目の受験番号の方が数が大きかったので、「第2志望」、つまり2月4日の受験生の方が多くて、厳しいのはわかっていた。

 

2月1日の合否を待っていても2月4日の「出願」はぎりぎり間に合うが、恐らく落ちてからバタバタしたくないから、念の為「第二志望」とはいえ、先に出願していたのだろう。

 

こうして2月4日には「御三家の子」たちがやってくる

 

何としても1日に!の期待は儚くも崩れ、4日に臨むもダメだった。

 

 

 

 ↓ もうすぐ発売。忘れないうちに予約を。

中学受験進学レーダー2020年1&2月号 合格の極意

中学受験進学レーダー2020年1&2月号 合格の極意

 

 

 

 

はっきり言って「受験番号」は何番でも全く関係ない

 

 

受験会場から早く出たければ、早めに出願するのもいいが、そうでなければ並ぶ必要のない空いている時間帯に行く方がいい。

何しろ出願期間中はとにかく寒い

その中で並んで親が体調を崩したりしたら、元も子もない。

電車だってラッシュだと「インフルエンザ」が怖い・・・

 

他に「銀行窓口からの入金」しか出来ない学校もある。

 

年末年始の「金融機関休業日」のチェックもしておいて欲しい。←私は12月31日が休みで本当に焦った。

 

ただし「変動する第二志望、第三志望」は焦らない方がいい。

 

埼玉や千葉で「合格」が取れたら、チャレンジ校に出願する場合がある

 

その場合は、先に申し込んでしまっていたら、同じ日程だと「受験料」2~3万円を捨てることになる。

 

この後控える、入学金、制服代その他諸々の諸費用の事を考えると節約したい!

授業料だって「毎月払い」とは限らない。

まとめて払うとなると一度に数十万円かかる。

 

「出願期間が限られている学校」や「確実に受験する学校」は先にやっておいた方がいいが、インターネット出願なんかは、埼玉、千葉の結果が出てからでいいと思う。

恐ろしい事を言えば、2月1日から2月5日頃まで、毎日、「次ここ」、「次ここ」・・・となる場合もあり、受験料もままならない。

節約できるところは節約を。

ただし、「インターネット出願」は前日の夜遅くギリギリだと、繋がらなくて「アウト」という事もあるので、もう少しだけ余裕をもって。

 

「中学受験の真っ只中」にいると、2万、3万がたいした金額ではないように思えてくるが、普通に考えたら大金で、軽々しく捨てられる金額じゃない。

千葉の入学金30万もみんな捨てる気で臨むが、「30万でっせ」と思う。

こういうところが「中学受験は狂気」なんだと思う。

 

完全にお金の感覚はおかしくなる。

 

そもそも「塾代」だって、6年生ともなれば100万以上かかるし。

「中学受験」って・・・恐ろしい世界だと思う・・・

何で踏み混んじゃったかな~・・・

公立で「内申点」が取れる子だったら・・・(涙)

 

 

↓ 出たら絶対に解きたい「時事問題」!「消費税」「選挙」「関税」について載っているそうです。

プレジデントFamily(ファミリー)2020年1月号(2020年冬号:算数が大好きになる魔法のレッスン12)

プレジデントFamily(ファミリー)2020年1月号(2020年冬号:算数が大好きになる魔法のレッスン12)

  • 作者: 
  • 出版社/メーカー: プレジデント社
  • 発売日: 2019/12/05
  • メディア: 雑誌
 

 

 

 

 ↓ 塾代はこちら。

www.mikan-iroblog.com

 

 

 

↓ 中学生編。

www.suika.tokyo