「中学受験」って大変。

「中学受験」第一志望を逃して落ち込むも、立ち直る。個人的な勝手な思いを綴ったブログです。参考程度にしてください。講演会のお話も書きます。

「中学受験」。冬期講習が始まる。

世の中はクリスマス。

 

本番までもう少し。

 

ほとんどの「受験生」は塾の冬期講習に行く。

 

冬期講習がいいのか、個別で弱点克服がいいのかは、子どもを見ながら判断して欲しい。

 

塾の先生たちはよくしてくれるけど、集団だとあまり我が子のためになるとは思えない。

たまたま授業でするところが、子どもに必要な場合もあるが、そうじゃない場合も多い。

 

長期休みは「講習」と決まっているが、どれだけ役にたつんだろう?

 

あくまで1つの例だが「冬期講習」を受けずに、別の「個別」に行って、塾で言われていたより上の学校に合格した人も知っている。

 

我が子には「何がいちばんか?」を考えるしかないのかもしれない。

 

 

edua.asahi.com

 

去年の今頃はずっと不安だった。

 

塾には行ってるけど、「何やったの?」と聞いても、プリントが配られ解いているだけ。

本番まで時間もないのに、みんながおんなじ事をしている

 

この時期もちろん先生は「大丈夫ですよ。」としか言わない。

 

「もっとやらせてください。真剣にやるように言ってください。」とお願いしても「いや~言ってるんですけどね~。ああいうタイプは本気出せば大丈夫ですよ。」と言われたが、大丈夫じゃなかった。

 

塾の先生にとっては「毎年、毎年の事」

 

でも親子にとっては「一生に一回」の中学受験だ

 

思い入れが全然違う。

 

2月の1週間が終わった瞬間、塾の先生は「次の受験生」の事を考え始める

 

すぐ「次の6年生」の授業が始まる。

 

それが仕事だから。

 

親はそうはいかない。

 

まだ諦めきれず、「繰り上げ合格」をいつまでも待つ・・・

 

常に「携帯」を持ち歩き、鳴るたびに心臓が止まりそうなくらい緊張する。

 

電話に出る時にはガタガタ手が震える。←ああ・・・人って緊張するとやっぱり手が震えるんだ~と実感できる。

 

 

塾の先生の「ああっ、そっか~、ダメだったか・・・」という感情も、親とはダメージの大きさが全然違う。

 

先生の「大丈夫ですよ。」は当てにならないと思っているので、親が現状を冷静に判断した方がいい気がする。←他の落ちた人のブログでも読んだ。

 

この時期の先生なんて「大丈夫。」としか言いようがないから。←親子の心を折らないように。

 

「塾」はどこも人出不足だから、親が納得するまで見てもらおうと思ったら、家庭教師しかないと思う。

 

息子が「花まる」に入った頃の「FC」は極少人数で、ほぼ個別レベルの集団塾だった。

 

塾だって「会社」なんだから大きくなるのは仕方がない事。

 

ただ、先輩ママから聞いていた話とは全然違ったので、それはそれはガッカリしたのを覚えている。

 

先生たちの人柄は素晴らしいけど、あと2年早ければ、もっと私が理想としていた「塾」だったはず。

 

私の理想より、先生1人に対しての生徒数がかなり多い・・・

 

こういう事も含めて「ご縁」なんだろう。

 

 

 

あとは最後の神頼み。

www.inter-edu.com

 

「合格祈願」はきっと子どもと一緒に行くと、気が引き締まる。

 

まだ幼い子どもたちはがんばっている。

親が子どもに掛ける言葉は「よくやってるね。大丈夫だよ。」で。

 

 

 

↓ 親も焦るが、親に余裕がある方が、子どもに余計なプレッシャーを与えず合格しやすいと思う。

中学受験「必笑法」 (中公新書ラクレ)

中学受験「必笑法」 (中公新書ラクレ)

 

 なかなか難しいけど・・・

 

 

↓ 中学生編。

www.suika.tokyo