「中学受験」って大変。

「中学受験」第一志望を逃して落ち込むも、立ち直る。個人的な勝手な思いを綴ったブログです。参考程度にしてください。講演会のお話も書きます。

「中学受験」。それでも睡眠は大事。

「受験生」でも8時間寝ていた息子。 

 

塾の保護者会で先生に、「受験生で11時までに寝る子なんていません!!」と言われた同級生がいた。

 

limo.media

 

息子は「受験生」なのに、毎日8時間は寝ていた

 

塾から帰ると10時過ぎだったので、11時に寝て、朝は7時過ぎまで。

 

塾で「受験生ってこんなに寝るもんですかねぇ?」と聞いたら、「平均して6時間半くらいですかね。」と言われた。

 

「短かっ」と思った。

 

ああ、普通そうだよね・・・とは思ったが、息子が「眠かったら勉強なんてできないよ!!脳に酸素が行かなくて、結局勉強したって無駄だよ!!」と言い張り、きっちり8時間寝ていた。

 

きっともっと勉強していた子が、合格したんだろう。

 

 

 

 

中学受験が気にならない親なんていない | 小川大介の中学受験合格を実現する逆算受験術

親も子も幸せになれる はじめての中学受験

親も子も幸せになれる はじめての中学受験

  • 作者:小川 大介
  • 出版社/メーカー: CCCメディアハウス
  • 発売日: 2019/12/21
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 

 

 

正直、「小学生の睡眠を削ってまで受験勉強なんて・・・」という意識は私にもあった。

そういうところが甘かったんだろう。

 

 

「不合格」は致しかたなかたのかもしれない・・・

 

勉強量が足りなかった。

 

でも勉強時間じゃなくて、どれだけ集中してやったか?

 

演習量が大事なんだと思う。

 

どれだけ、出来なかった事を潰していけるか。

 

「睡眠時間」は子どもの様子を見ながら、親が判断するしかない。

 

でも「睡眠って大事だよ・・・」って思う。←ただ「芝」で話を聞いた子たちはだいたい、「死ぬほど勉強した」と言っていた。うちは確実に足りなかったな・・・

 

 

 

 

 

↓ 中学生編。

www.suika.tokyo