「中学受験」って大変。

「中学受験」について個人的な思いを綴ったブログです。(2019年終了)。参考程度に読んで頂けると幸いです。講演会のお話も書きます。温かく見守ってください。😄

「中学受験」。入試状況。倍率速報が出ていた。

「2月2日」以降も続く覚悟を。

 

第一志望に合格できるのは、4人に1人と言われています。

 

 

↓  子ども自身は考えなくてもいいけど、親はその後の事も考えておきましょう。

edua.asahi.com

 

 

本当の「第一志望」を実際には受けない子もいます。

 

面談で塾の先生に「志望校を変えるよう」言われる事もあります。

 

「ここに落ちたら、行けるのはここだけですよ。

第5志望、第6志望になってもいいんですか?」なんて脅かされます。

 

子どものためを思う場合もあれば、「塾の都合」の場合もあります。

 

でも、どんなに実力が足りなくても

子どもが望む「第一志望校」だけは受験した方がいいと思います。

 

その為に今までやって来たから。

 

子どもには一生「あの学校受けたかったのに受けさせてもらえなかった。」という思いが残ります。

 

合格したいのはもちろんだけど、「第一志望合格」だけが「中学受験じゃない。」というのは後になってわかります。

 

大丈夫。

 

今までやって来た勉強は無駄にはならないから。

 

 

www.inter-edu.com

 

↓ 都立中高一貫校

www.inter-edu.com

 

 

↓ 倍率が増加。

diamond.jp

 

今からできる事は、体調管理と、心の安定です。

 

厳しい「中学受験」です。

 

2月2日以降も続く覚悟をしてください。

 

「ウチの子は偏差値○○以下の学校には行かせないと言って、「挑戦校」しか受けさせない」というのはお願いだからやめてください。

全部、落ちる事だってあります。

どこか1つでも「合格」の実感を子どもに与えてあげてください。

子どもには「合格」の実感が必要です。

必ず「安全校」も受験してください。

偏差値だけじゃなく、「いい学校」はたくさんあります。

「ここじゃなきゃ嫌」と思うのは親だけで、親さえ子どもの学校をけなさなければ、子どもは行った学校が大好きになります

 

どうかよろしくお願いします。

 

最後まで諦めず、悔いのない「中学受験」を。

 

 

 

↓  中学生編。

www.suika.tokyo