「中学受験」って大変。

中学受験のことや子育てのヒント、参加した講演会について、個人的な思いを綴ったブログです。参考程度に読んで頂けると幸いです。🌸 温かく見守ってください。💗

「中学受験」。「受験」は大変だけど「私立」の方が安心感がある?

やっぱり怖い「内申点」と、先生の異動。

 

「公立中学」が荒れると「教育委員会」から校長先生がやってきて、学校を立て直すというのをよく耳にする。

 

2〜3年いて「学校が良くなったな」と思ったらまた異動して行ってしまう。

 

何で「公教育」ってこうも期待が持てないんだろう?

 

安心して「公立」に行かせる事さえできれば、こんなに「中学受験者数」が増え続けることもないだろう。

 

 

www.inter-edu.com

 

記事によると

「公立で逞しくなる」は全ての子には当てはまらないと書かれていた。

 

どうやら「理不尽さ」を乗り越えないといけないようだ。

 

「揉まれて強くなる」とは限らないのか・・・・

 

「公立はそういうもの」と割り切って行くしかないのかもしれない。

 

どうやって3年間乗り切って、「高校受験」までこぎつけるか対策が必要だろう。

 

 

 

たこマン: 発想力を鍛える2コマ漫画カード (単行本)

たこマン: 発想力を鍛える2コマ漫画カード (単行本)

 

 

 

 

 

うちは小学校で散々「理不尽な目」には遭ったので、おおよその検討はつく。

 

「先生のお気に入りの子」がいい成績を取る。

 

「私情」が入りまくりで公平さなんて皆無だと思っている。

 

その点、「私立」だと、先生の異動も少ないし、レベルの低い先生も少ない気がする。

 

 

 

ただし、「伝統校」以外は、先生の引き抜きがあったり、急に校長先生も代わったりするので、ビックリする事もある。

 

 

 

 

親も子も幸せになれる はじめての中学受験

親も子も幸せになれる はじめての中学受験

  • 作者:小川 大介
  • 出版社/メーカー: CCCメディアハウス
  • 発売日: 2019/12/21
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 

 

 

 

地域にもよるだろうが、うちの近所の公立では、「内申点」を取るのが難しいと言われていて、どんな偏差値の低い学校であっても「私立に行った方がいい」と助言された。

 

うちの息子なら「内申点0点」なんてこともありそうだ・・・😱

 

息子に限って言えば、「塾」の先生たちに「何としても私立に入れろ!」と言われたのはよく理解できる。

 

「公立より私立の方がまだ、彼を理解できる先生に会える確率が高い」とも言われた。

 

「変わり者」は私立かな?

 

余裕で「内申点」を取れる子が羨ましい・・・😥

 

 

 

 

中学受験を考えたときに読む本

中学受験を考えたときに読む本

 

 

 

 

逆に東京の真ん中あたりの「公立」なら、「気に入らない私立」に行くより、むしろ「公立」に行った方がお得なんじゃないのか?とさえ思うところがある。

 

保護者の目が光っているので、先生だってちゃんとしている。

 

ただし、公立に行ったとしても大体「家庭教師」が付いていると聞く。

 

「学校だけの勉強」に頼る子は少ないんじゃないのかな?

 

「公立」に行っても結局お金がかかる。

 

「いい教育」を得ようと思ったら、お金を積まなきゃならない世の中だ。

 

 

 

世界7大教育法に学ぶ才能あふれる子の育て方 最高の教科書

世界7大教育法に学ぶ才能あふれる子の育て方 最高の教科書

  • 作者:おおたとしまさ
  • 出版社/メーカー: 大和書房
  • 発売日: 2019/06/12
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 

 

 

オルタナティブ教育」を受けさせたくても、そこの場に入れるには大金がかかる。

 

結局は、お金がなければ「いい教育」「親が望む教育」は受けられない。

 

世の中、「いい教育」とされるものがどんどん出てきて、「選べる時代」になったけど、お金がないとそこには行けない・・・

 

「公教育」がもっとしっかりしてくれていれば・・・と思う。

 

ただし、「公立中学」に行って、「塾」に通い、「塾代」を払うくらいなら、

「塾のいらない面倒見のいい私立」に入れた方がお得だと思う。

 

 

 どちらかオススメするとしたら「私立」かな。

 

 

↓ 中学生編。

www.suika.tokyo