「中学受験」って大変。

中学受験のことや子育てのヒント、参加した講演会について、個人的な思いを綴ったブログです。参考程度に読んで頂けると幸いです。🌸 温かく見守ってください。💗

「中学受験」。二月の勝者。まだ10月なのね。「これは読んでおこう」

早速読んでみた。

 

「二月の勝者」

 

 

2月に結果が出て終わるのかと思っていたら、まだ10月のお話なのね。

 

 

 

 

realsound.jp

 

 

 

ドラマにもなるそうだが、どこまで見せるのか?

 

 

ただ、これから少しでも「中学受験をしようか?」と考えてる人は読んでおいた方がいい

 

 

 

二月の勝者 ―絶対合格の教室―(7) (ビッグコミックス)

二月の勝者 ―絶対合格の教室―(7) (ビッグコミックス)

 

 

本当にリアルに書いてある。

 

 

 

「マンガ」ではまだ結果は出ていないが、第一志望合格者は3人から4人に1人と言われている。

 

 

「花まる学習会」の高濱先生も「中学受験すると決めたら腹をくくる。ダメだったら途中で止めればいいや・・・くらいの気持ちで臨むと失敗する。甘くないですよ。」とおっしゃっていた。

 

 

私も息子があまりにも勉強しないので、途中で「無理だ・・・」と思ったり、「塾変えるか?」と迷ったり、ブレブレで失敗した。

 

本当に甘くない。

 

 

 

毎年、毎年、受験者数が増えていて、首都圏の全学校の募集定員よりも受験者数の方が多くなっている。

 

 

「落ちたら近所の公立でいいや。」なんて思っていても、実際にそうなったらうろたえるし、最後まで受験し続ける事になる。

 

 

親は「自分の子が落ちる」なんてことは本気では想像できないのだと思う。

 

 

例え想像できたとしても、想像と、現実は全然違う。

 

 

そんなはずない・・・と打ちのめさる。

 

 

 

toyokeizai.net

 

 

 

子どもは意外と大丈夫なもの。

 

 

「中学受験」は

親がどこまで覚悟できるかの方が大事だと感じる。

 

 

ただ、今の公立中学校の「内申点制度」のことを考えると「受験した方がいい」ように思ってしまう。

 

 

内申点」でどこの高校を受験するかを決められてしまう。

 

 

先生に気に入られる子が得をする。

 

 

世の中、何が正しいのかよくわからなくなる。

 

 

 

親はずっと「少しでも自分の子どもが生きやすい場所」を探し続けるのだろうと思う。

 

 

 

 

 

 

 

↓ 中学生編。

www.suika.tokyo