「中学受験」って大変。

中学受験のことや子育てのヒント、参加した講演会について、個人的な思いを綴ったブログです。参考程度に読んで頂けると幸いです。🌸 温かく見守ってください。💗

「中学受験」。母の後悔。子どもに「個別」が合えば伸ばしてもらえる。

たくさんの事を知るにつれ、もっと知っていれば・・・と思う。

 

 

「第一志望校合格者」が4人に1人と言われている。

 

この休みを利用して勉強できると成績アップのチャンスだ。

 

 

 

既にできる事をやってても意味がない。

 

 

 

 「ルーズリーフ」に間違えた問題だけを入れておき、なぜ間違えたのか?を書き、期間をあけて解けるようになるまで何度もやる。

問題が解けたら、ルーズリーフから外す。

 

この手間を惜しまず、コツコツやり続けられる子が、最後は強いとの事。

 

 

こうしていろいろ我が身を振り返ってみると、情報不足だし、甘かった。

 

 

 

edua.asahi.com

 

塾では3年生から「中学受験」のカリキュラムが始まる。

 

開成合格者でも、3〜4年生から入塾というのが多いのがわかる。

 

うちが3年生の頃は、まだ「どうしようかな?」「どっちでもいいや」「都立中高一貫ならいいかも?」程度だった。

 

4年生の頃、全く勉強していなかった息子。

 

それでも成績が良かったので、大丈夫だとタカをくくっていた。

 

ところが5年生になる時に「クラスが落ちた」

 

 

友だちに「お前何やってんだよ。早く上がってこいよ。」と言われたが、必死で勉強することもなく、上のクラスには上がれないままだった。

 

 

点数的には、上がれそうな時もあったが、そもそも「課題をやらない」ということで、上のクラスは無理だと言われた。

 

 

 

うちの「第一志望校」には、いちばん上のクラスからしか合格者が出なかった。

 

 

今年の「塾」の合格者も見ていたが、何人が受験したかはわからないが「芝」の合格者は1名で、2月10日くらいになって出てきた合格者なので、恐らく2月1日、第一志望で受験した子ではないだろう。

 

塾は楽しいし、先生はいい方ばかりだが、行きたい学校に行くには、我が子にとってはこの塾じゃなかったのかも?と思った。

 

自分でできる子はいいが、うちの子のように「全く自分でできない子」は、ノルマとして与えられ、それを圧力でも何でもいいから、やらなければいけない状況に追い込まないと無理だった。

 

ただ、「このやり方は違う」とあちこちで言われている。

 

そこは親が判断するしかない・

 

 

何より私が「塾」任せにして、よく見ていなかった。

見るとキレそうになるので、見たくなかった。😥

 

 

 

2021年度入試用中学受験案内

2021年度入試用中学受験案内

  • 発売日: 2020/03/20
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 

 

塾に関していうと

最近アドバイスいただいたのは、SAPIXが全てではなく、サピのために、他塾を足したり、個別を足したりするならば、転塾した方がいいとの事。

 

 

 

中学入試 算数 塾技100 新装版 (中学入試 塾技)

中学入試 算数 塾技100 新装版 (中学入試 塾技)

  • 作者:森 圭示
  • 発売日: 2016/07/08
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 

 

 

先日話したママが言うには「あんなに勉強嫌いだった息子が、塾が楽しいと言って、自分で勉強するようになった。」という夢のような話。

 

以前通っていた大手塾では、授業内容もよくわからず、そのまま放置され、全然楽しくなかった勉強が、新しい塾に行ったら、自分でスケジュールも組まされ、自分でどうするか?を考えさせられ、それがうまくいくとうれしくて、どんどん勉強するようになったそうだ。

 

「少人数制の塾」や、「個別」がピッタリ合えば、こういう事が起きる。

 

どこに行けば「子どものやる気を引き出してくれる先生」がいるのだろうか?

 

大手塾だと「見てもらいたい先生」を選んで見てもらうことは難しい。

 

そうなると、やはり親が付いてやらせるしかない。

 

うちは「個別」を足したけど、足すのが遅かったと思っている。

 

 

大事な3〜4年生で、周りがコツコツ積み上げていっている中、サボったのも大きかった。

 

圧倒的に、学習量がたりなかった。

 

 

小川大介先生がおっしゃる通り、小さい頃から「勉強するのが当たり前」という環境作りが大切だった。

 

 

5歳から始める最高の中学受験

5歳から始める最高の中学受験

  • 作者:小川 大介
  • 発売日: 2019/09/21
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 

 

 

そんな中、「スクールFC」では「シグマTECH」という部門ができ、週2回の通塾で難関校の合格を目指している。

↓ 

www.schoolfc.jp

高濱先生がおっしゃるには

「結果が同じなら何でもいいでしょ。」との事。

 

週2回の通塾で合格できれば、ありがたい。

 

ただこれこそ「自分でできる子」しか無理だろう。

 

いくら言われても勉強しなかった、うちの子みたいなタイプにはとても無理・・・😥

 

「第一志望の合格」にいちばん近そうな「SAPIX」には合格させるためのノウハウがあり素晴らしいと思う。

 

ただ合わない子は何としてもサピに通うのではなく、合ったところに通う方がいい。

 

 

 

親も子も幸せになれる はじめての中学受験

親も子も幸せになれる はじめての中学受験

  • 作者:小川 大介
  • 発売日: 2019/12/21
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 

 

 

「集団塾」には期待しすぎない

 

先生のいう事がいつも正しいとは限らない。

 

先生は、全員の細かいところまでは見られない。

 

いい先生はたくさんいるけど、抱えてる人数が多すぎてとても無理だと思う。

 

個別を足したり、親が見たり、補助が必要。

 

逆に「自分でできる子」は、どこの塾でも大丈夫。😊

 

 

 

ドラゴン桜」を期間限定で公開してくださっています。

受験生に。💖

 

note.com

 

 

 

 

↓ 中学生編。

www.suika.tokyo