「中学受験」って大変。

中学受験のことや子育てのヒント、参加した講演会について、個人的な思いを綴ったブログです。(2019年受験終了)。参考程度に読んで頂けると幸いです。🌸 温かく見守ってください。😄

「中学受験」。だから中学受験をオススメしたい。内申点の話。

「公立中学」内申点の恐ろしさ・・・

 

テレビの「スッキリ」という番組で、

 高校受験企画をやっていた。

 

 

 

f:id:mikan-iro:20200322171714p:plain

 

 

 うちは「高校受験」関係ないわ・・・と

 2回くらいしか見たことはない。

 

その企画の「合格発表」のニュースが出ていた。

 

 

 

www.nikkan-gendai.com

 

 

 テストはできたはずなのに、

 

内申点」が足りず不合格なのでは?という記事。

 

 

この「内申点制度」のおかげでうちも受験する羽目になった。

 

息子は間違いなく「内申点」が取れない子だ。

 

中学校で、年配の女性の先生に当たったら、通知表で「2」も取れないだろう。

 

 

どの先生に当たるか?みたいな「運任せ」の制度が

未だに成立していることに憤りを覚える。

 

 

だって先生の主観で決められるから。

 

 

「先生に嫌われたらおしまい」😩

 

 

 

 

 ↓ 清水章弘先生の本が発売。楽しく学べて成績も上がる。➚➚➚

東大式ふせん勉強法 【小学校高学年以上向け】

東大式ふせん勉強法 【小学校高学年以上向け】

  • 作者:清水 章弘
  • 発売日: 2020/03/20
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 

 

 

 

以前、近所の「公立中学校」で、

 「大事なのは5教科だけ。」と思っていた子たちが

 音楽やら、図工やらを適当にしていたら「1」を付けられた。

 

まあ、立ち歩いたりもしていたようなので、

 仕方がないところもあるが、

「1」がつくと偏差値上位の学校への「高校受験」はできなくなる。

 

保護者から猛抗議が起きたが、

もう成績は付いた後だったので訂正されることはなかった。

 

5教科以外をナメている生徒も生徒だが、

このことが「高校受験」に影響して、

「自分の能力にあった学校を受験することすらできない」のはおかしいと思う。

 

 

 

2030年の世界地図帳  あたらしい経済とSDGs、未来への展望
 

 

 

 

最近、家にこもり続けているのでずっと「YouTube」を見ている。

 

落合陽一さんが「今の小中学校には絶対行きたくないし、子どもも行かせたくない。」とおっしゃっていた。

 

理由は「無駄なことしかしていないから」。

 

ホリエモンとおんなじで「学校に行かないのが正解だ。」ともおっしゃっていて、

納得できる部分は大きい。

 

塾も学校も全部「受験」のためだ。

 

さて、この先が見えない世の中で、

 

親は我が子にどういう「教育」を選べばいいんだろう?と思う。

 

 

 

 

 ↓ 内申点」の出し方はこちらに。

www.mikan-iroblog.com

 

 

 ↓ これから「中学受験」を考えるなら必読書だと思う。

二月の勝者 -絶対合格の教室- コミック 1-7巻セット

二月の勝者 -絶対合格の教室- コミック 1-7巻セット

  • 作者:高瀬志帆
  • 発売日: 2020/02/12
  • メディア: コミック
 

 

 

 

www.suika.tokyo