「中学受験」って大変。

中学受験のことや子育てのヒント、参加した講演会について、個人的な思いを綴ったブログです。参考程度に読んで頂けると幸いです。🌸 温かく見守ってください。💗

「中学受験」。学校選びには第三者の視点も必要。☝️

「二月の勝者」を読んでみた。💮

 

 

「中学受験」。

思い出すだけでも気が重くなる・・・😓 

 

 

「中学受験」を描いたマンガ、

 

「二月の勝者」の最新刊を読んでみた。

 

丸ごと1冊「10月のお話」‼️

 

 

気になったセリフが

 

親は

「我が子には幸せになってほしい。

そのためには親である私が失敗してはならない。」という

プレッシャーを背負って戦っている・・・というもの。🤺

 

 

 

f:id:mikan-iro:20200701145446j:plain



そうね・・・

 

秋以降になると親は焦ってくる。😫

 

顔色も変わる。

 

「幼い系」の男子はまだまだ余裕。👍

 

しっかりした女子と、

しっかりした男子は本気モード。💪

 

ほとんどの子どもたちが

「夏休み」の特訓で、本気モードに入る。

 

 

toyokeizai.net

 

 

「志望校選びの面談」のお話。

 

このマンガのような

こと細やかな指導を受けた記憶はない。😅

 

志望校を伝え、

「じゃあそれで」で終わりな感じ。

 

「行きたい学校」は決まっていたので、

そこを目指すだけ。☝️

 

 

 

うちが受験生の頃は、

コロナの影響もなく、

たくさんの学校を見て回った。

 

「ここいいな❗️」と感じるのは

必死で勉強しないと入れない学校ばかり。😅

 

「偏差値」だけが頭のよさではないだろうが、

学校を訪ねた時、

来訪者に対する、生徒たちの立ち振る舞いが違う・・・と感じた。

一言で表すと上位校は「気が利く」。☝️

 

親もちゃんとしてるんだろうな・・・と思った。

そこにうちみたいなガサツな親子が❓という疑問はあるが、

行きたい学校なのでしょうがない。😅

 

「上位校」のいいとことは

高いレベルの議論ができるところ。🤔

 

 

toyokeizai.net

 

 

以前、

あるトップ校の生徒さんのお話を伺ったことがある。

 

「行けば何とかなる」と考え、

1人で海外に出て、

友だちのお父さんがその国にいるので

連絡して助けてもらった・・・そうだ。

 

まず、

その辺の子どもたちは

 

海外を視野には入れていない。😅

 

1人で海外に出ようとも思わない。😓

 

海外に友だちのお父さんもいない。💦

 

 

 

 

トップ校の子どもたちは「親の職業」が違う。

 

いわゆる「経済的成功者」が多く、

海外在住者も多い。🌎

 

それを考えた時、

「子どもが過ごす環境」として

「カッコイイ大人」を知る機会が

増えるんじゃないか‼️と期待していた。✨

 

「お前んとこの父ちゃんスゴいな〜」

 

っていうやつ。☝️

 

世の中、

「こんな人がいるんだ」✨

「こんな世界があるんだ」✨

を知れるいい機会なんじゃないか❓

と思っていた。

叶わなかったけどね。😅

 

 

「上を目指せば、

より面白い人に出会える❗️」☝️

 

と思っているので、

偏差値上位を目指すのって悪くない。🌸

 

 

SNSで塾の先生が

「子どもは「家」「塾」「学校」での顔を

使い分けているから、

学校選びには第三者の視点が大切になる。」

とおっしゃっていた。

一理ある。☝️

ただ、最後に決めるのは親子で、

最終的に決めるのは「子ども自身」

 

「あの時受けさせてもらえなかった・・・」とは

ならないように。😅

 

二月の勝者 ー絶対合格の教室ー (9)

二月の勝者 ー絶対合格の教室ー (9)

  • 作者:高瀬 志帆
  • 発売日: 2020/08/07
  • メディア: コミック
 

 

 

 

www.suika.tokyo