「中学受験」って大変。

中学受験のことや子育てのヒント、参加した講演会について、個人的な思いを綴ったブログです。参考程度に読んで頂けると幸いです。🌸 温かく見守ってください。💗

「中学受験」。午後入試について考える。子どもは機械じゃない。

連日の「午前」「午後」入試は厳しい・・・ 

 

 

何もかもが初めてで、

よくわかっていなかった「中学受験」

 

 

 

f:id:mikan-iro:20200613164239j:plain

 

 

 

 

受験日程を決める際、

私は「午前」「午後」と全部埋めて行った。

 

「ああ、ここ空いてるから

この学校入れればいいよね」といった感じ・・・☝️

 

今、考えればとんでもない話だ。😓

 

受験するのはまだ「12歳の子ども」

年明け早々に「埼玉」から始まった「受験本番」

緊張感と疲労はたまっている。💦

 

埼玉、千葉の「入試本番」に加えて、

「塾」では2月に向けての最後の猛勉強。

「あともう少しで終わる」と言い聞かせてがんばっている。💪

 

 

diamond.jp

 

 

最近、増えてきた「午後入試」

1教科入試だと、時間に余裕がある場合もあるが、

ギリギリだと、交通トラブルで遅れる可能性も出てくる。😫

 

午前の学校を早く出るためには、

「受験番号」を若くする必要がある。

願書の受付が始まったらすぐ出願して

若い番号を入手する。

 

うちは「第一志望校」の出願時、

「書類」での出願だったので

1番に並ぼうとしたが

息子の

「1番はダメだよ。

合格発表で1番ってあんまり見たことないよ」☝️

との言葉に

「ああ、確かに・・・」

と思って午後に行った覚えがある。

 

今は、ほとんどが「インターネット出願」なので、

「学校」に並ぶところは少ないが、やはり朝は混む。

母たちの思いは強い。🈴

 

 

 

 

 

まず、2月1日の「午後入試」だが、

我が家の失敗は、

「午前中の第一志望入試」で

気力体力とも力尽きたこと。

 

おまけに電車も止まり、

身動きできなくなった。

コンビニでパンを買い、

走りながらパンを食べ試験会場へ。

 

息子に後で聞いたのは

「試験中寝ちゃったよ」という信じられない言葉。😱

入試本番で寝るのか・・・

そんなに疲れてたのか・・・😩

 

2月1日午前の試験は

「どうしても行きたかった学校」

緊張しないはずの息子が緊張したと言っていた。

 

「本命の日の午後入試」

子どもは「疲れ切っている」と考えた方がいい。

 

そして、2月も日が経つにつれ、

周りで次々合格者が出ていく。

それを尻目に

連日の「丸1日入試」はキツい。

 

 

 

2月の本番前に、

埼玉、千葉で、

連日の「午前」「午後」入試の練習をしておく。

だんだん子どもが疲れてくるのがわかる。

親も相当疲れる。

「模試」とは全然違う緊張感。

 

「今ごろ試験受けてるんだ・・・」

「ちゃんと書けてるかな・・・」

「そろそろ数学だな」

なんて考えながらの数時間待機。

 

これが「本番」か・・・と感じるだろう。

 

 

ただ、親子とも

「じゃあ、また明日」なんて言って友だちと別れ、

毎日の入試に慣れてくる。

これが練習なしで、

2月に急に「本番」じゃ厳しい。

 

 

「入試本番」にも何があるかわからない。☝️

何があってもいいよう「心の準備」をしておく。

電車って止まるからね・・・

マジか・・・って思うから・・・😓

 

併願校を決めてのスケジュールは

「塾の先生」と親が決めるが、

子どもに負担がかかりすぎないように・・・💦

「時間的空間」を見つけても、

私のように

「ああ、ここ空いてるから入れられる❗️」

思わないように・・・😓

「子ども」は機械じゃないんだから、全部は無理。

 

「埼玉入試本番直前」の、

12月後半ともなると、

親もだいぶおかしくなってくるので、気をつけて。☝️

冷静な判断を。😅

 反省を込めて・・・😔

 

 

 

www.suika.tokyo