「中学受験」って大変。

中学受験のことや子育てのヒント、参加した講演会について、個人的な思いを綴ったブログです。参考程度に読んで頂けると幸いです。🌸 温かく見守ってください。💗

「お受験」VS「中学受験」。問いが間違っている❓

「NewsPicks」最後まで見てしまった。

 

 

 「お受験」と「中学受験」

どちらか選ぶならどっち❓

 

 

f:id:mikan-iro:20200509153932j:plain

 

 

結論は、「佐藤ママ」のおっしゃった

 

「どこに行こうが、周りを見渡して現実を知り、

自分に何が足りないかを見極めて

それに向かって補う努力をする。」☝️

 

というのが一番しっくりくる。

 

 

 

「お受験」と「中学受験」ではどっち❓

 

それぞれの意見があったが、

 

どちらかと言えば、

「中学受験」の方がいいのでは❓

 

 

 

国立小学校合格バイブル

国立小学校合格バイブル

  • 作者:神山 眞
  • 発売日: 2018/07/05
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 

 

「お受験」に関して言えば、

子どもがまだほんの小さいうちに、

訳もわからずさせるので、

「落ちても子どもが忘れてしまう」

のでいいのでは❓

 

ここで登場するのが「親」

子どもは忘れるけど、

親がいつまでもこだわるので、

そこを割り切れないなら

「お受験」はやめるべきという意見があった。

 

これに関して言えば、

「中学受験」でもおんなじ。

親が引きずれば、

子どもも引きずる。

 

全員が受かるなんてあり得ないので、

「受験」するなら

「落ちても割り切る覚悟」が必要☝️

と佐藤ママ。

 

「お受験」のメリットとしては

教育方針が明確なので、

「こういう子に育てたい」が叶う。

 

「幼稚舎」出身の方がゲストでいらっしゃったが、

慶應に「行ってよかった」とおっしゃっていた。

気になったのが

「親の地位でマウント合戦があり、

いじめもある」そう。

ここは庶民がうかつに近づく場所じゃないな・・・と思った。😓

 

ゲストの高濱先生は「慶應」の子たちを

教えたことがあるそうで、

「みんないい子たちばっかりだった」とおっしゃっていた。

 

 

 

 

 

「中学受験」は、

正解とは言えないけれど、

日本の中でやって行くなら

保険としてやっておいて損はない。☝️

 

詰め込み勉強だって、

実際には覚えただけで解ける問題ではなく、

頭を使う。

「中学受験」の知識は

大人になっても役に立つことがある。 

 

学校選びの基準は❓

 

の質問に「佐藤ママ」が

 

「そんなの偏差値に決まってるじゃないですか‼️」と即答。🤣

 

それに対し、

高濱先生は「トップを見る」☝️

「実力のある校長を見抜く」とおっしゃっていた。

 

 

 

中学受験 大学付属校 合格バイブル

中学受験 大学付属校 合格バイブル

  • 作者:野田 英夫
  • 発売日: 2020/06/18
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 

保険としての「中学受験」もあり。☝️

 

自分でやりたい事を「やりきる力」も必要だが、

「受験」で求められるのは「与えられたものをやりきる力」

これも生きて行く上で役に立つ。

 

他にも

「うちの子どうもデキが悪いかも❓」と感じた時、

中堅の面倒見のいい私立に入れると

「ある程度の位置まで持っていってくれる」そう。

我が子に不安があれば、

底上げしてくれる学校を探す。

 

こういう「中学受験」の選び方もあるという事。

 

 

 

 

個人的に「中学受験」はやった方がいいと思っている。

 

小学校のあの、一律のつまらない授業・・・

「真ん中」に合わせるので、

できる子も、できない子も両方がつまらない。😩

 

「私立中学」だと、同じレベルの子たちが集まってくる。

それだけでも十分なメリットがあると感じる。

 

他にも勉強量の多さ。

これから先、きっとこんなに勉強する事はない。

やった「勉強」は将来必ず役に立つはず。

 

 

三男一女東大理3合格! 中学 高校 大学 志望校に一発合格する過去問攻略法

三男一女東大理3合格! 中学 高校 大学 志望校に一発合格する過去問攻略法

  • 作者:佐藤 亮子
  • 発売日: 2019/10/22
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 

「お受験」について・・・

 

「お受験」のための塾代は

「中学受験」の比じゃないらしい・・・

高級車が買えるくらい・・・😓

 

家系的に

「お受験しなければならない」家庭はある。

「合格して当たり前」だと思われているので、

落ちた時、親戚中から一斉に責められるお母さんがいる。

 

「親ががんばれば合格できる学校」もあるので

「中学受験より楽なのでは❓」と考え、

「お受験」する人もいる。

 

 

「お受験」ではないが、

学校によって、

「お受験入学」の子どもたち、

「中学受験」で入った子どもたち両方がいて、

やはり「先にいた方」が幅をきかせてたりする。

特に女子だと、

この手の「いじめ」が起きる可能性がある。

 

 

 

 

↓ 今、世の中で活躍されている方々の子ども時代は❓

子ども時代探検家 高濱正伸の  ステキな大人の秘密 ~なぜか全員「農学部」編

子ども時代探検家 高濱正伸の ステキな大人の秘密 ~なぜか全員「農学部」編

  • 作者:高濱正伸
  • 発売日: 2020/03/19
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 

 

「佐藤ママ」

「小学校の勉強は本当に大事。☝️

受験しようがしまいが

しっかりやっておいて欲しい」とおっしゃっていた。

 

「学び」って本来は楽しいもののはず。🤔

それをつまらなくしたのは

先生の責任もあるのでは❓

 

井本先生主宰の「いもいも」の話も出たが、

「未来の授業をしている」という表現をされていた。

 

誰もが「いもいも」に入れるわけではないので、

何とか世の中の先生方に

がんばっていただきたい・・・💦

「ワクワクするような授業」をお願いしたい。💖

それには忙しすぎる先生たちの

「余計な仕事を失くす仕組み」が必要だと思う・・・😩

 

 

 

高濱先生はいつも

井本先生の話になると

頬が緩む。😁

 

高濱先生と、井本先生、

このお二人が揃ってる「花まる」ってすごいな。✨

 

 

それにしても「佐藤ママ」はおもしろい。😂

目が離せないわ・・・🌸

  

 

 

 ↓ これがワクワクする学び。💖

 

 

www.suika.tokyo