「中学受験」って大変。

中学受験のことや子育てのヒント、参加した講演会について、個人的な思いを綴ったブログです。参考程度に読んで頂けると幸いです。🌸 温かく見守ってください。💗

「中学受験」。「自分でできない子」はやらされる塾の方が安心。

今年の「夏期講習」に見た塾選び。

 

 

我が家の中2男子は

先月から「塾」に通い出した。

 

「中学受験」を終え、

「私立の学校」に入れば

学校で見てもらえて、

もう「塾」は必要ないんだと思っていた。😩

 

入学した学校は「面倒見のいい学校」と

言われているところだ。

ほとんどの生徒にとっては十分なフォローが

なされている。

きっちり「課題」をこなしていれば

付いていけなくなることはない。

 

 

 

39mag.benesse.ne.jp

 

 

ところが「自学」できない我が子にとっては

全然足りない。

学校の勉強に付いていけず

自分から「塾に行きたい❗️」と言い出した。

 

 

 

www.suika.tokyo

 

 

 

ところが「塾」に行ってみると、

全く勉強の仕方がわからない。😓

自分でやっているつもりでも

「やり方」が間違っている上に、

容量的にも全く足りていない。😫

「勉強の仕方」、技術から学び直しとなった。

 

 

「佐藤ママ」に言わせると間違いなく

「親の責任」・・・😓

 

www.asahi.com

 

 

 

「塾」ではまず「数値目標」が設定され、

それに向かってひたすら「課題」をこなす。

遅れると注意される。☝️

 

「やる気はいらない、

やる気というのは出たり、

なくなったりするモノだから。

それよりもやる事をやれ❗️」

 

「塾」では結果が全て。

 

 

 

f:id:mikan-iro:20200816125917j:plain

 

 

 

「中学受験のための塾」には3年生から通っていた。

結果、現在までに

「勉強するスキル」を学べていなかった事が発覚。

「自学する力」が全くついていない。😫

 

 

「中学受験塾」で言われていたのは

「やる気を削ぐのでお母さんは口出ししないで!」

というものだった。

 

確かに口出ししようとすると

ケンカになり、

その先には進めなかった。

 

ただし

「親が口出ししなくても勉強するか❓」

といえば

しているようには見えなかった。

 

 

明らかに「課題」もしていないが、

「自学ができるように」との事で

ノーチェック。

そう厳しくは問われない。😓

これは多くのお母さんたちが

「先生、ノート見ないよね❓

本当に大丈夫なのかな❓」

不安に感じていた。😔

 

「中学受験」の際、

不安になり「転塾」も考えていた。

「W」の課題量は「現在の塾」の1.5倍と聞いて

今でもできていないのに、

「うちの子には無理かも・・・」と怯んだ。💦

 

 

冷静に考えてみれば

「我が子」の1.5倍の勉強量を

こなしている子たちとの競争だった。

どっちが有利かは明らか。🌸

 

 

先生に

「彼は本番で力を出すタイプだから大丈夫。」

と言われていたその本番、

 

「受験教室」に入ると、

泣いている子や、

ガタガタ震える子、

うつ伏せになって起き上がれない子たちを

目の当たりにして「のまれた」

後で本人が言っていた。

怖くてたまらなくなったそうだ。😱

 

どんな子でも緊張するのが「中学受験」

その競争の中で「勝つ」には

どんなに緊張しても

勝手に手が動くくらいの「勉強量」が必要なのでは❓

と思う。

 

「中学受験は合格だけが全てじゃない」

とはいうけれど、

やっと見つけた

「我が子に合うだろうと感じた学校」だから

そりゃあ入りたい。💖

 

 

 

 

 

 

「中学受験」

「やらなきゃならない事をやり切る力」

求められる。☝️

 

我が子は「やらなきゃならない事ができない。」のに、

「やらされる塾」「やらされる先生」

を選ばなかったのは失敗だったと感じている。

「中学受験」において、

自分の「子どもに合った塾」ってそういう事だと思う。

 

 

「教科」によっては

細かく見てくださる先生もいたが、

後半になると「過去問チェック」でそれ所ではない。

そこまでに「自学」できるように

なっておかなければならなかった。

「集団塾」において、

そこまで求めるのはとても無理だ。

 

 

「自分でできない」のに、

「自分でやれと言われる塾」だと競争に負けてしまう。

完全に母親の戦略ミスだった。

 

 

全ては「ご縁で、

自分たちが選んできた。

 

それでも中学生になって

「勉強方法からの学び直し」というのは

かなりショックを受けている・・・💦

あの「中学受験のための」4年間って一体・・・・❓

授業料だってかなりのものだ。😫

 

 

 

 

 

 

 

「中学生になったら何も口を出すな」とも言われていたが、

本人自身も

「どうしていいかわからない状態」で放り出す事になる。

「勉強習慣」も身についておらず、

「やり方」も教わってきていない。

この状態から自分で「勉強法」からあみ出すのは至難の技。😫

そしてついに「自ら塾に行く事」を選んだ。

もしかしてこの「自分から」っていうのが大事なのか❓

 

 

「好きな塾」

「子どもに合う塾」は違うと思う。

 

「塾選び」

何を「基準にするか」はそれぞれ違うだろうが、

「自分でできない子」

「自学できるように」とそのまま放置されても

「できないまま」だという事。😓

 

「勉強しない」という選択肢もあるが、

勉強ができず、やり方もわからず、

「本人が苦しむ」場合もあるという事。😫

 

 

「中学受験」は競争なので、

「親が見られない」「自分でもできない」という子は

「やらされる塾」に入れた方が安心。💗

「やらなきゃいけない事」をやり切る力はつく。

ただし、この反動で「中学」に入ってから

「開放感」から全く勉強しない事もある。☝️

 

 

他には面倒見のいい「個別塾」という選択もある。

「子どもに合った先生」に出会えると

本当に学力は伸びる。

が、ここも「子どもに合っていない」

勉強がつまらなくなり、成績は下がる。😓

 

「塾」というより

どの「先生」に出会えるか・・・

 

 

結局、親が何を大事に思い、

何を基準にするか❓に掛かっている。

どういう「結果」でも自分で決めた事なので

「ご縁」だと思って割り切る。

 

済んだ事はどうしようもないけど、

「勉強のやり方からの学び直し」という事に

ショックを受けている・・・💦

 

ただ、本人が追い詰められて

「自分から勉強しなければ⁉️」

と思うようになった事に意味があり、

全てつながっているのかも。🤔

と考えるとこれはこれで正解なのかも・・・❓

 

 

 皆さまには、

「こういう事もあるよ」という参考に。💗

 

 

 

学びの本質の教科書 教育と子育て編

学びの本質の教科書 教育と子育て編

  • 作者:山内 宏泰
  • 発売日: 2020/08/07
  • メディア: 単行本
 

 

 

www.suika.tokyo