「中学受験」って大変。

中学受験のことや子育てのヒント、参加した講演会について、個人的な思いを綴ったブログです。参考程度に読んで頂けると幸いです。🌸 温かく見守ってください。💗

「中学受験」。入り口偏差値、出口偏差値。

これは本当に「学校のおかげ」なのか?

 

 

「中学受験生親子」なら

誰もが気になる「偏差値」

 

 

  • 入り口偏差値、出口偏差値
  • 「塾の力」の場合もある
  • 「塾通い」は生徒に聞く
  • 「中学受験の親たちへ」
  • 最後は「自分たち」で決める

 

 

 

f:id:mikan-iro:20200714111558j:plain

 

 

 

入り口偏差値と出口偏差値から見る「お得な学校」とは?【中学受験】|ベネッセ教育情報サイト

 

入学時よりも「ポイントを上げてくれる学校」

お得だそうだ。✨

 

 

 

 

「講演会」でよく聞くのは

タイトルに「〜ランキング✨」と付けると

本が売れるという話。💰

 

本に出てくる「数字」だけを見て、

「お得‼️」と思うのはちょっと違う・・・😅

 

確かに「学校で面倒を見て」

学力を伸ばしてくれるところもある。

 

ただ、実際は「塾の力」

大きい場合もある。☝️

 

学校の授業について行けず、

「仕方なく塾へ・・・」となる場合も多い。💦

「塾ありき」の授業展開がなされている。

 

ここを見誤ると「学校選択」を間違えて、

 

「ああ、こんなハズじゃなかった・・・」😫

 

ということになる。

 

「学校公開」

「学校説明会」に行った時は

必ず「生徒たち」

どのくらいの生徒が「塾に通っているか❓」

聞いておくべき。

 

「私立」では、

我が校は「塾なしで‼️」「学校だけで面倒見ます‼️」

と謳うところも多いので、

先生が「生徒の塾通い」を把握していなかったり、

隠そうとする場合もあるので、

「塾通い」については、

通っている生徒に確認を。☝️

 

 

 

↓ 2021年度受験生の親必見。 

中学受験の親たちへ~子どもの「最高」を引き出すルール

中学受験の親たちへ~子どもの「最高」を引き出すルール

 

 

 

中学受験「男子7人に1人全滅」時代に臨む気構え | 学校・受験 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

 

おおたさんと、安波さんの本。

 

プロが見た「中学受験の現状」が記されている。

 

「子ども」によって、

「時期」によって変わる対応の難しさ。

 

この「休校期間中」の学校の対応や、

今年の受験での「塾の問題点」などが書かれており、

いつもと違う「中学受験」を迎えるため、

戦略を練るのに必要な情報だと感じる。

 

 

時に「塾」

「自分たちの利益を優先する」場合があるから、

「塾」の先生の意見も大事だけど、

最後は自分たちで考えたい。☝️

 

「塾」だって、

先生によって意見が違う。

「過去問」の配点も違ったりするし、

「進め方」の順番も違ったりする。

「学校選び」、「併願校選び」も違う。

「どの意見を選ぶか❓」

親の判断に掛かっている。

 

 

最後は、自分たちで決めないと

結果が出たときの後悔が大きくなる・・・

「自分たちが選んだ道」を、

どんな結果が出ても「受け止める覚悟」を。

 

 

がんばれ受験生。🌸

 

 

 

www.suika.tokyo