「中学受験」って大変。

中学受験のことや子育てのヒント、参加した講演会について、個人的な思いを綴ったブログです。参考程度に読んで頂けると幸いです。🌸 温かく見守ってください。💗

「中学受験」。塾選びについて考える。🤔

「子どもに合った塾」を選ぶのって難しい・・・😓

 

 

「我が子に合う塾」ってどうやって選ぶの?

 

 

 

  • どうやって「塾」を選ぶ?
  • 塾は「中学受験」に必要な勉強を教えるところ
  • 「塾選び」の基準
  • 「入塾時」の面談で聞くこと
  • 「塾」に対して親は何を求めるのか?
  • 教室ごとの「合格実績」の確認をする
  • 「個別塾」も考える
  • 「子どもに合った塾」とは?
  • 「合格」「不合格」はご縁
  • 知識がないまま「子どもに合った塾」を見つけるって・・・
  • 同じ塾でも油断できない

 

 

 

f:id:mikan-iro:20200503133930j:plain

 

 

↓ 【お悩み】理由がわからないまま転塾していい

【中学受験 保護者のお悩みQ&A】安浪京子先生にお聞きします!|エデュナビ by inter-edu

 

↓ 塾への不信感…小6で転塾はあり?小川先生の中学受験 立て直しプラン

塾への不信感…小6で転塾はあり?小川先生の中学受験 立て直しプラン|エデュナビ by inter-edu

 

↓ 【お悩み】夫と志望校が不一致…すり合わせはどうしたら?

最難関校しか認めないタイプの夫。話し合いのコツはママのあの言葉|エデュナビ by inter-edu

お父さんだけじゃなくて、こういうお母さんもいる・・・😓

他人の志望校に、

「そんなとこ行ってどうすんの?」などと平気で言ってくるので、近づかないように・・・

 

 

 

 

 

 

塾は

「中学受験」に必要な勉強を教えるところ

「勉強法」は自分で学ぶ必要がある。

 

 

 

「塾選び」の基準

 

入塾時の面談で聞くこと。☝️

 

宿題チェックは親がするのか、

塾で見てくれるのか❓

課題は家で解くのか、

塾で見てくれるのか❓

本人が自力でやるのか、

先生が指導してくれるのか❓

親の管理は必要か❓

 

 

入塾前に通っている生徒の様子を見る。

面談の際に先生たちの様子をよく見る。

 

 

入塾時の3年生では「宿題」を見てもらえても、

高学年になると、

「親がチェックする」という事もある。

 

「宿題ノーチェックだとやらない子」は要注意。😓

 

 

 

  

麻布という不治の病: めんどくさい超進学校
 

 

  

 

塾に対して

「自分たちが何を求めるか❓」を考える。🤔

 

 

勉強法からすべて教わりたい❓

宿題まで塾で見てもらいたい❓

 

子どもの性格まで見てくれるのか❓

 

自分たちの求めるものを「具体的」に書き出して、

先生に質問し、補ってくれる「塾を探す」

 

「集団塾」には求め過ぎない・・・😓 

 

 

 

 

 

 

↓ 「本番」が近づく前に読んでおこう。

 

 

 

教室ごとの「中学受験合格実績」

 

 

 

同じ塾でも「教室」によって雰囲気が違う。

教室ごとの「中学受験合格実績」を知る。☝️

 

「子どもの志望校」について

「通う校舎」「合格実績」と、

「通っている人数」を知る。

合格者はその塾でどの位置にいるのか❓

 

教室ごとの「合格者数」「通塾人数」

面談で聞かないとわからない。

 

 

「中学受験」の状況は毎年変わる。

前年度「合格」できても今年度は違うかもしれない。

年々厳しくなる中、

「余力」を残しておきたい。

 

 「合格者数」の影には

「不合格者数」が隠れている。

 

 

 

 ↓ 「受験生の親」は読んでおいた方がいい。

 

 

 

 

「個別塾」も考える

 

 

塾は「テキスト」に沿って進んでいくので、

子どもが理解できないまどんどん進む場合がある。

 

理解が足りない場合「個別」を足す家庭が多い。☝️

 

個別では「学習法」を学ぶ。

「塾」でわからないところを教わる。

志望校にあった「ピンポイントの対策」をお願いする。

 

「個別」には

「子どもに何が足りないか❓」を見て、

補える先生を捜す。

 

「勉強内容」を補う場合、

「中学受験経験者」の学生さんに

「技術を教わる」ことができる。

 

個別では「何ができないのか❓」

「どういうミスをしやすいのか❓」

判断してもらう。

 

我が家は6年生の10月「個別」を足した。

やってみると

「全然理解が足りていない事がわかった」😫

わからないまま「授業が進んでいた」

すでに「何がわからないか」

わからない状態。😓

 

「何を聞けばいいか❓」もわからないので、

「塾の先生」に質問に行くこともない。

先生は「質問に来ないから理解している」と判断。

結果、特に何もしてもらえない・・・😔

 

 塾のテキスト、ノート、

過去問などを見て、

親が早めに判断を。☝️

 

 

 

 ↓ 塾まかせはダメだった・・・

塾では教えてくれない中学受験 親の鉄則

塾では教えてくれない中学受験 親の鉄則

 

 

 

「子どもに合った塾」とは?

 

 

何もわからず「中学受験塾」に通わせていたが、

「個別」を足したのは正解。☝️

自分でできない子は「集団塾」は難しい

理解できないまま「授業」はカリキュラムに沿って

どんどん進んでいく。💦

 

 

 

「志望校」を目指すなら、

自分ではできないタイプの

うちの子には

「もっと勉強させられる塾」を選ぶべきだったと思う。☝️

 

 

 

 

 

 

全ては「ご縁」

 

 

受験が終わってから

いろいろ知っても手遅れだ。

今思うのは、何もわからないまま

塾まかせにした私の失敗。

私の勉強が足りなかったばかりに

子どもに申し訳ないことをした。

 

「中学受験」を目指す際に、

「好きな塾」「子どもに合う塾」

違うということ。

「好きな塾」で合格できれば

それに越したことはないが、

「中学受験」の厳しさを考えれば

そうも言っていられない。😓

やらなきゃ落ちる・・・💦

 

 

「志望校」の第2回目の

「合格発表の日」

「どこかの塾」の先生が

「OKです、全員合格です、

すぐ撤退します。」👍

と、軽やかな口調で電話で話していた。

その塾のその教室では「受験した子たち全員」

「我が家の志望校」に合格していた。🈴

どこの塾かはすぐわかる。😓

 

私はいろいろ間違えたが、

結局、

「志望校とはご縁がなかったんだな・・・」

と思う。😅

 

 

「他塾」に行ったからといって

合格できた保証はない・・・

そもそも「中学受験」が向いていない子だった・・・😅

SNS

「中学受験を撤退する」お母さんをみると

勇気があるな・・・と思う。

私にはできなかったよ・・・😣

 

 

 

 

小3、小4で知識もなく・・・

 

 

今、中2の息子は塾に通い出した。

容赦なく「課題」が出るが、

全くツラそうではない。😅

授業前にチェックされるので

きちんと全部こなしている。

 

私は「中学受験」の際、

勝手に

「うちの子は

課題が多すぎると無理なんじゃないか❓」

と思っていたが、

この分なら、

もっと「勉強量の多い塾」でも行けたじゃないか・・・

という後悔。💦

 

潰れる子もいるので、

親としての見極めが難しい・・・😓

子どもが潰れて、

12月に撤退・・・という事もある・・・

 

 

子どもが小3や小4で、

親に「中学受験」の知識もなく・・・

 

「子どもに合った塾」なんて

どうやって見つけるんだよ❓😫

 

 

 

↓ 併願パターンも掲載。塾選びの基準も。

中学受験基本のキ! 第4版 (日経DUALの本)

中学受験基本のキ! 第4版 (日経DUALの本)

 

 

 

 

同じ塾でも油断できない・・・

 

 

 

最後に、

「同じ塾」でも油断できないという話。☝️

 

あるお母さんが、

上の子を通わせていた塾。

「こんなに面倒見がいいなら

下の子も通わせよう」✨

 

いざ、下の子を通わせてみると、

上の子の時とは全く対応が違う・・・😓

なんで❓

 

実は上の子は「トップ校」を狙える子だったが

下の子は「普通の子」だった。

優秀な子は「塾の合格実績」を出すために

大切にされる。💖

「普通の子」は普通の扱いだった・・・という話。😅

結局「転塾」した。

全く同じ塾でも子どもにとって

「いい塾」であったり、

「よくない塾」であったりもする。😓

 

逆に言えば、

「優秀な子」はどこの塾に行っても

大切にしてもらえると言う事。✨

 

 

ちなみに富裕層は

「優秀な家庭教師」で中学受験に臨む。

「夏期講習代」が毎月かかる感じ・・・😅

そんな子たちとも戦うのが「中学受験」

そんな子たちは入学しても途中で「海外」に出る。

こっちはその「1枠」が欲しいのに・・・😢

 

塾にしても

学校にしても、

我が子を「どんな環境におきたいか❓」

 

 

塾にいる「子どもたちの様子」は

本当によく見た方がいい。👀

「やる気あふれる子どもたち」の中に入れれば、

大きく影響を受ける。👍

結果、「みんなで合格」した子たちもいる。🌸

 

 

誰にでも合う塾はない。

先輩ママを頼り、

探すしかない・・・😔

 

 

中学受験 大学付属校 合格バイブル

中学受験 大学付属校 合格バイブル

 

 

 

www.suika.tokyo