「中学受験」って大変。

中学受験のことや子育てのヒント、参加した講演会について、個人的な思いを綴ったブログです。参考程度に読んで頂けると幸いです。🌸 温かく見守ってください。💗

「中学受験後の世界」。子どもの望むもの。

いつまでも諦められないお母さん・・・

 

大多数の親子が小3から始める

「中学受験」

 

 

  • 子どもはどこに行っても大丈夫
  • いつまでも引きずる親
  • 毎日「塾通い」の理由
  • 誰もが陥る可能性がある

  

 

f:id:mikan-iro:20201008081805j:plain

 

 

 

子どもはどこに行っても大丈夫

 

 

4年間の結果が問われる

「中学受験」

 

第一志望校に合格できるのは

4人に1人という世界。

 

 

ただ、

子どもはどこに行っても大丈夫。👍

 

これは本当で、

何より4年間も

いろんな事を我慢して

やってきた勉強。

 

終わった後は

そこから解放される

うれしさの方が大きい。

 

「終わった〜」✨

 

「行きたかった学校」に行けなくて

泣いていたって、

解放感が勝る。

ツライことなんてすぐ忘れる。😄

 

そんな事よりも

これから先の

「やっと時間ができた⁉️」

「何しよう❓」の方が楽しみでしょうがない。✨

 

中には

「行きたい学校に行けなかった悔しい思い」から

すぐ「高校受験」「大学入試」に向けて

勉強を始める強者もいる。👍

 

 

 

↓ 「塾技」という本だけど、実際に塾で習うのとは違うやり方もあり、子どもの「好きな解き方」「やりやすい解き方」を学べる。

中学入試 算数 塾技100 新装版 (中学入試 塾技)

中学入試 算数 塾技100 新装版 (中学入試 塾技)

  • 作者:森 圭示
  • 発売日: 2016/07/08
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 

 

いつまでも引きずる親

 

 

その一方で、

いつまでも引きずるのが「親」の方・・・😓

 

ああすれば良かった、

これが足りなかった、

何で、何で・・・

といつまでも嘆いている。

 

その頃、子どもはとっくにワクワクしながら

次の「楽しい事」を考えている。🤔

 

ただ、この引きずる親が

子どもに対して物凄く悪影響を与える。😓

どんなに落ち込んでも、

子どもに対してはそれを見せないようにしたい。

 

落ち込んでる親を見ると子どもは

「自分のせいかも」

「自分はダメなんじゃ・・・」

感じてしまう。💦

 

子どもはもう

「入学する学校での楽しみ」のことについて

考えているのに、

親が引き戻そうとするのは良くない。

 

 

 

ほとんどの親は諦め忘れていくが

 

 

 

私も、子どもに対して口では

「学校楽しみだね〜」

なんて言いながら、

後悔がなかなか抜けず、

いつまでも「繰り上げ合格連絡」

待っていた・・・

密かに・・・

4月の「入学式の日」まで待っていた・・・

丸2ヶ月・・・😓

待つと長いし、

更に気持ちも追い込まれていく・・・

電話がなる度、手足が震えた。💦

 

 

それでも諦めていくのが普通。

子どもの「中学校生活」が始まり、

日々の生活でそれどころではないし、

何より楽しそうに学校に通う姿を見れば

「そんな事あったっけ❓」

くらいにまでなれる。👍

 

なのに、ごく一部だけれど

いつまでも「諦められないお母さん」がいる。

子どもを責め、追い詰める。

 

 

中学入試 理科 塾技100 (中学入試 塾技)

中学入試 理科 塾技100 (中学入試 塾技)

  • 作者:森 圭示
  • 発売日: 2016/07/08
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 

 

毎日「塾通い」の理由

 

  

何の因果がうちの中2男子が

学校の天才くんと友だちになった。

「第一志望」に落ちて、

今の学校にいるのだが、

「高校受験」に向けて

休みなく「塾」に行かされているそうだ。

 

「塾に行かされている」

 

というところがミソで、

本人は「今の学校」で楽しく過ごしていて、

そのまま学校にいたいけれど、

親が聞き入れてはくれない。

 

「子ども自身の望み」なんて

全く関係なく、

親が「どうしてもあの学校に❗️」

譲らず、子どもは従うしかない形。

 

何のための「中学受験」だったんだろう❓

何のための「高校受験」なんだろう❓

 

本人が望まないのに、

親の希望で無理やり勉強させるって

どういう事なんだろう❓

 

 

↓ こんな記事も。

コロナ禍の親たちが「うちの子だけ勉強してない」と思いこむワケ 「不安」に左右される親たち | PRESIDENT Online(プレジデントオンライン)

 

三男一女東大理3合格! 中学 高校 大学 志望校に一発合格する過去問攻略法

三男一女東大理3合格! 中学 高校 大学 志望校に一発合格する過去問攻略法

  • 作者:佐藤 亮子
  • 発売日: 2019/10/22
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 

 

誰もが陥る可能性がある

 

 

これから「中学受験」を経験される

お母さんたち。

 

この受験は誰のため❓

子どもは何を望んでいる❓

 

それを1番大切にして欲しい。

 

今は先が見えず

1番不安な時。

これから先ずっと

「受験」が終わるまで心は安定しない。

 

自分は今、冷静な判断ができないかもしれない…

 

その事を心に留めておこう。🤔

そして受験が終わった後、

子どもを見てみよう。

 

合格していれば

それはもう、うれしくて幸せだろう。🌸

 

ダメだった時も、

黙って子どもを見ていれば、

勝手に立ち直って、

楽しそうに学校に通いだすから大丈夫。💖

 

受験終了後、

親が「中学受験」のストレスで、

いつまでも

冷静な判断ができないままいるのはよくない。

でも、そうなる事もあるかも❓🤔

と知っておいてもらいたい。☝️

どんどん皆がおかしくなっていくので

誰もがおちいる可能性がある・・・

「中学受験」はそのくらい過酷・・・😓

 

 

それは誰が望んでいる事なのか❓

 

視点はいつも「子ども」であって欲しい。💮

 

 

 

www.suika.tokyo

 

 

↓ これ大事。💗

 

www.suika.tokyo