「中学受験」って大変。

中学受験のことや子育てのヒント、参加した講演会について、個人的な思いを綴ったブログです。参考程度に読んで頂けると幸いです。🌸 温かく見守ってください。💗

「子育て講演会」。

しつけについて話そう!

 

 

高濱正伸先生、汐見稔幸先生、木村智浩さん。

 

 

  • 「しつけ糸」
  • 習慣化について
  • 食について
  • 嗅覚と味覚
  • ダブルバインド
  • 子どもの気もちを尊重したい
  • 想像して共感する
  • これらをできるようにするには?
  • 汐見先生からの課題

 

 

f:id:mikan-iro:20201014220408j:plain

 

 

10月14日(水)汐見 稔幸氏 × 木村 智浩氏 × 高濱 正伸「子育てプレミアム対談第1回 しつけについて話そう!」【Zoomライブ配信】 | Peatix

 

絶対、聞いておいた方がいい

「汐見先生」のお話。✨

 

今回は「しつけ」について。

 

 

 

この「言葉がけ」が子どもを伸ばす!

この「言葉がけ」が子どもを伸ばす!

 

 

 

 

「しつけ糸」

 

「しつけ糸」という言葉がある。

最初の「基準」として

「おおまか」に縫っておく。

 

しつけ糸がキツいと

あとで抜けなくなる。

 

しつけ糸がゆるすぎると

あとで本縫いができない。

 

 

小さい頃は親が、

ここで暮らしていくための

「しきたり」を教えていく。

 

子どもがある程度の年齢になった時、

自分自身で

「何で❓」

「これは本当にそうなのかな❓」

「これはやりたくない❗️」・・・

と自分で「しきたり」を組みなおし、

本縫いを始める。

これが大事。✨

 

 

 

習慣化について

 

「基礎習慣」は親の役割。

命に関わるものに関しては親は努力する。

 

  • ハミガキ→口の中を清潔にする事によって病気を防ぐ効果がある。
  • 早寝早起き→人間は長い間「日が登ったら起き、日が沈めば寝る」という生活をしてきたので、それをするのが自然で体のためになる。

 

食について

 

日本では「バランス良く食べる」

というのがいいとされているが、

あまりそれにとらわれる事なく、

好きなものを食べる。

嫌いなものを無理に食べさせても

「好き」にはならず、

逆に「食べる事」自体が

嫌いになってしまう可能性がある。☝️

 

 

嗅覚と味覚

 

「嗅覚」「味覚」

実は赤ちゃんの頃が最も発達していて、

どんどん衰えていく。

人間の舌には味蕾(みらい)という

味を感じる器官があって、

大きくなるにつれ、味蕾が減っていく。

 

小さい頃は「苦味」「酸味」などを

「毒」だと認識して、

食べないようにして、命を守るようにできている。

大きくなるにつれ、味蕾の数が減り、

食べられるものが増えてくるので、

「嫌いなもの」は無理やり食べさせない

 

 

ダブルバインド

 

異なる2つのメッセージを

同時に子どもに与えない。

 

口では「いいわよ」と言いつつ、

目では「絶対ダメ!」と出てしまうお母さん。😓

「分裂症」の原因になるともいわれており、

子どもに「悪影響」を与えてしまう。

 

「いいお母さんじゃないと‼️」

にとらわれず、

人それぞれ「自分のやり方」でいい。

「もう!」と文句を言いながらでもOK

子どもに対して

「2つの異なるメッセージ」を送らなように気を付ける。☝️

 

 

メシが食える大人になる! よのなかルールブック

メシが食える大人になる! よのなかルールブック

  • 発売日: 2019/01/18
  • メディア: 単行本
 

 

 

 

子どもの気持ちを尊重したい

 

 

子どもの「精神的満足度」がワースト2位

これが日本の現状。😓

 

「幸福度」が高い地域の子育てとは?

それこそベビーカーに乗っている

「赤ちゃん」の頃から

「あなたはどうしたいの❓」

と問いかけ、子どもの意見を聞く子育て。

 

「あなたはどうしたいの❓」

 

「お母さんはこう思うけど、

あなたはどう思う❓」

 

「今、時間がないから急ぎたいんだけど、

どうしたらいい❓」

 

自分の意見も伝えつつ、

子どもの意見も聞いてみる。

 

常にこれをするのは難しい・・・😓

ただ「最終的に子どもに決めさせる」

意識した子育てをする。

 

よく使う手法としては

2つのものを並べて「どっちにする❓」

 

「ご飯食べてから宿題する❓」

「宿題してからご飯食べる❓」

なんていうのもある。😅

 

 

想像して共感する

 

「子どもの思い」を受け止めると

子どもは満足する。

 

最初に

「その気持ち、わかるよ」

 

事例:

「ジャンケンして負けた方がゴミ捨てね☝️」

ジャンケンポン✌️

→子どもが負けたけどゴミ捨てに行かない・・・😓

「ああ、ジャンケンに負けたのが悔しかったのね」

→共感すると「ゴミ捨て」に出発。👍

 

子どもはきっとこう思うだろうな。🤔

と想像してみて、共感する。💖

 

 

これらをできるようにするには?

 

お母さんの「心」が大切。

お母さんがイライラしていたらできない・・・💦

「お母さん」である前に、

「私」として

何がしたいか、何が好きかを考える。

 

 

汐見先生からの課題

 

我が子を1人思い浮かべ、

20個の「いいところ」を書く。

「いいところ」は「やさしい」など、

誰にでも当てはまるものではなく、

「我が子」にのみ適用されるもの。☝️

 

書き出す事により

「悪いところ」だと思っていたところが、

見方によって「いいところ」だったりする。✨

 

20個書き出したら、

清書して「冷蔵庫」に貼る。

貼ったら「20個」丸暗記する。

 

→これをする事により、

対応が柔らかくなる効果が。

 

「うちの子いいとこあるじゃない⁉️」

と気づけたら、子育てが少し楽になる。💗

 

 

 

「天才」は学校で育たない (ポプラ新書)

「天才」は学校で育たない (ポプラ新書)

 

 

おもしろい「講演会」だった。

「4人の子育て中」の木村智浩さんが

抜群の「質問力」でありがたかった。👍

 

「講演会」の後いつも思うのは

「母親自身」も自分の居場所を

自分でつかみ取りに行かないといけないという事。

 

これはね・・・

子育てに追われる毎日だと

「生きてるだけで精一杯」という事もあるから。

なかなかむずかしい・・・😓

 

 

 

↓ 相談する場所もない時は本を読もう。

 

www.suika.tokyo