「中学受験」って大変。

中学受験のことや子育てのヒント、参加した講演会について、個人的な思いを綴ったブログです。参考程度に読んで頂けると幸いです。🌸 温かく見守ってください。💗

「中学受験」。受験することのメリットは?

「合格」すれば安泰ではない。

 

 

「子どもはどこでも大丈夫」

とはいえ、

中学受験して入った学校を

やめる子もいれば、

やめさせられる子もいる。

 

 

  • 「合格すれば安心」ではない
  • 「逃げるが勝ち」もあり
  • 我が子にはどこが向いているのか?
  • 「中学受験」は役に立つ
  • そして最後には「メシが食える大人」に

 

 

 

f:id:mikan-iro:20201027090831j:plain

 

 

「合格すれば安心」ではない。

 

 

「合格すれば安心」

というわけではなく

その後も「学校生活」は6年間続く

 

「中学受験」をして、

学校に入学し、5月のGWまでの間にも

学校をやめる子もいる。

 

素行が悪かったり、

成績が悪すぎて「退学」

迫られる場合もある。

それは「公立中高一貫校にもある。

「公立」だからといって

やめさせられない訳ではない。

 

 

 

「逃げるが勝ち」もあり。

 

 

本来、子どもは

「自分の居場所を

自分で見つけられるもの」だと信じている。

 

それでも「学校をやめる子」がいるのは

「ここにいたい気持ち」よりも

大きな「嫌なこと」があるから。

 

 

知っておきたい!受験することのメリット、しないことのメリット【中学受験】|ベネッセ教育情報サイト

 

 

子どもの心を壊してしまう程の

負担からはさっさと逃げ出した方がいい。

 

ただこの中には

自分で戦って乗り越える子もいる

性格的な問題なので、

「逃げるが勝ち」も全然アリ。

心が壊れると治るまでに何年もかかるし、

そのまま引きずる場合もある。

そこは親の判断で。

 

 

今、不登校が増えている!乗り越えた親子にはパターンがあった[不登校との付き合い方(1)]|ベネッセ教育情報サイト

 

 

 

我が子にはどこが向いているのか?

 

 

無事合格して

学校に入学して一安心・・・

が続くはどうかはわからない。😓

 

ただ「入学した学校」に望むのは

6年間で学校は卒業するけど、

「子どもの人生」はその先も続くので、

「自分で考えて動けて、

どこでも大丈夫な子」に育ててもらいたい。

 

我が子がどこに行けば、

いちばん成長できるのか❓

考えて学校選びをしたい。

もしかしたら

「学校」じゃない場合もある❓🤔

 

どこに行こうが「学び」は必要で、

「学校に行かない選択肢」をしたなら、

どうやって❓

何を❓

どこで❓

学ぶかを考える必要がある。

 

もちろん弱っている時は

休む必要がある。💗

その後、どう立ち上がるのか。💪

 

 

学校が全てではないが

「学校」にはいろいろ揃っているので

行けるなら行かせたい。

ただ、常にうちも

「次の選択肢」は考えている。🤔

 

 

 

 

「中学受験」は役に立つ。

 

 

最近、自分が「資格試験」の勉強をしていた。

本当に辛くて、

面白くなくて

しんどくて・・・・💦

 

思えば、これを

まだ10歳くらいの子どもたちが

何年もがんばってやっているんだ・・・

と考えただけで「スゴい事」だと思う。✨

こんな大変なものを乗り越えて、

成長しないわけがない。

きっと「中学受験」は役に立つ。🌸

 

 

首都圏版 中学入試用合格資料集 2021年度用

首都圏版 中学入試用合格資料集 2021年度用

 

 

 

子どもたちは最後

どこに行こうが

「メシが食える大人」になればOK。👍

 

 

 

www.suika.tokyo