「中学受験」って大変。

中学受験のことや子育てのヒント、参加した講演会について、個人的な思いを綴ったブログです。参考程度に読んで頂けると幸いです。🌸 温かく見守ってください。💗

「中学受験」。この時期でも「中学受験」をやめる事もある。

受験するのか、やめるかは「子ども本人の意思」が大事。

 

模試も終わり、

あとは「冬期講習」を終え、

その後すぐ「埼玉受験」が始まる。

 

 

  • 「中学受験」をやめる選択
  • 大事なのは、誰が「やめる」と決めたのか?
  • 「本当にやめたいのかどうか?」の確認が必要

  •  親ができるのは「ポジティブな声かけ」のみ

 

 

f:id:mikan-iro:20201214195841j:plain

 

 

 

「中学受験」をやめる選択

 

 

小3や小4から塾に通い、

「中学受験」を目指していたが

途中でやめる人も少なくない。

 

兄弟がいると比べられて

親に「この子は中学受験に向いていない」

との判断をされる事もあるし、

親子で話し合って「やめる人」場合もある。

 

そして12月のこの時期になっても

中学受験を「やめる人」はいる。

 

 

 

大事なのは、誰が「やめる」と決めたのか?

 

「中学受験」をやめる選択。

そこで大切なのは

「やめる」と決めたのは誰か❓

という事。

 

近所の公立に行きたい、

友だちと離れたくない、

家の近くの学校に入りたいクラブがある、

遠くの学校に通うのは嫌だ、

自分の時間がたくさん欲しい、

行きたい高校がある、

今はまだ受験勉強したくない等、

子ども自身が自分で「受験しない」

決めた場合はそれでいい。

 

自分で選んで「公立」に行った子たちは

気心の知れた仲間たちと一緒に

学校生活を楽しんでいる。✨

 

ただ残念ながら親の心が持たなくて

やめる場合がある。

もうこれ以上無理‼️

となるのだ。💦

 

そのくらい親子とも「中学受験」で

追い詰められる事がある。

 

 

中学受験をしない選択、公立中学校への進学で親が知っておきたいこと – エデュナビ by inter-edu

 

 

「本当にやめたいのかどうか?」の確認が必要

 

 

子ども自身が「やめる」と言い出した時、

本当にやめたいかどうか❓の確認が必要で、

本当は受験したいのに、

思うように勉強が進まず、

怖くてやめたい・・・と言い出す場合がある。😔

 

そこは塾の先生に相談して

本人の「自信を取り戻す対応」をする必要がある。

 

子どもたちは他の子の事が気になる。

子どもによっては、

みんながライバルなので

わざと言葉で傷つけて

他の子を蹴落とそうとする子もいる。

 

自分が全然「歯が立たなかった問題」

スラスラ解く子を見てしまい、

自信を失う子もいる。😓

 

 

 

立方体の切断の攻略 (受験脳を作る)

立方体の切断の攻略 (受験脳を作る)

  • 作者:村上綾一
  • 発売日: 2012/11/20
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 

 

 

親ができるのは「ポジティブな声かけ」のみ

 

 

本番が近づいて、

親の心も持たなくなってくる。

それでも耐えるしかない。😓

 

ここから大切なのは

子どもに自信を持たせる言葉がけ

 

親は自分自身もツライが、

ここは自分の思いはグッと飲み込んで、

子どもにポジティブな言葉を掛けていこう。

 

やるしかない。🌸

 

 

図形の回転移動の攻略 (受験脳を作る)

図形の回転移動の攻略 (受験脳を作る)

  • 作者:村上綾一
  • 発売日: 2014/04/15
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 

www.suika.tokyo