「中学受験」って大変。

中学受験のことや子育てのヒント、参加した講演会について、個人的な思いを綴ったブログです。参考程度に読んで頂けると幸いです。🌸 温かく見守ってください。💗

久しぶりに「講演会」のお話。「子育てプレミアム対談 わが子に合った勉強のやり方」

1人1人合う「勉強のやり方」は違う。

 

清水章弘先生、

高濱先生、松島先生の「オンライン講演会」。

 

 

  • 親子とも「自分のタイプ」を知る
  • 他人の「成功体験」がそのまま「我が子」に通用するとは限らない
  • 新聞を使った「クイズ」と「おしゃべり」
  • 「新聞」でできること

 

edupla2021011901.peatix.com

 

 

親子とも「自分のタイプ」を知る

 

 

人には「タイプ」があり、

大きく4つに分かれる。

 

「目標達成」に喜びを覚えるタイプ、

1つのことに「のめり込むタイプ」

「ライバルに勝つ」ことに燃えるタイプ、

「周りの人」の影響を受けるタイプ。

 

「受験」に向いているのは

「目標達成に喜びを覚えるタイプ」で、

子どもたちの周りの人間は

いかに「目標達成タイプ」に持っていけるかが勝負。

これは「塾選び」の指針になるはず。

ただ「集団塾」は先生を選べない・・・🤔

 

 

他人の「成功体験」が

そのまま「我が子」に通用するとは限らない

 

 

人には「個性」があり、

親の「成功体験」や、

他人の「成功体験」が、

そのまま「我が子」にも

当てはまるとは限らないという事を

知っておく必要がある。

 

「あの子はこうして上手くいったから

うちの子も同じようにやってみよう」

 

というのは違うということ。☝️

それぞれに合った「やり方」を見つけよう。✨

 

 

 

 

 

 

 

 

清水先生がいいのは、

「具体的な方法」を教われるところ。👍

 

 

 

新聞を使った「クイズ」と「おしゃべり」

 

 

実際に清水先生が塾でされている「授業」も

見ることができた。

 

新聞の「おもしろい記事」を探し出して、

クイズにするというもの。☝️

「クイズ」なんて

子どもは大好きで食いつくはず⁉️

 

清水先生自作の「虫食い問題」まで

あり、これはみんな夢中で考えるだろうな。💖

 

塾の先生たちは皆さん、

「どうしたら子どもに興味を持たせて

自分で考えるように持っていけるか」という事を

思案してくださっている。

この清水先生の「手作り教材」は相当時間がかかるぞ・・・

というのを感じる。💦

ありがたい。😭

子どもはこういう先生にお任せしたい‼️

 

 

 

「新聞」でできること

 

 

親子で「新聞」を読みながら、

話し合うだけでも十分勉強。

→まず、話してみる

→「話したこと」は文章に書けるようになる

 

 

「正解は1つではない世の中」で、

「自分の意見を持つ」事が大事。☝️

 

自分の意見を持てたら次は、

それを「人に伝える力」が必要になる。

 

人に伝えるには「理由」「データー」が必要。

人との対話を通じて、今いる場所の中で

「共通認識」「共通言語」をつくる。

 

「発想する力」を持つ。

「買う側」ではなく

「作る側」の発想を持つ。

 

新聞を読むことで、社会に興味を持つ

「ニュースは面白い」といつ気づけるか❓

「自分はどう役に立てるか?」(勉強する意味)

といつ思えるようになるか❓

 

「ニュース」に興味が持てれば、

世の中のいろいろな事が

自分の生活に関係している事を知る事ができる。

 

以前見た「佐藤ママ」の講演会では

「本」を読める子はネットニュースも読めるけど、

インターネットしか見ない子は「本」を読めない

おっしゃっていたのを覚えている。

我が子が「新聞」や「本」を読めるように

しておくのは大切だと思う。🤔

 

 

 

 

↓ 「具体策満載」の清水先生の新刊。「買おう❗️」と「講演会中」に注文。😅

自ら学ぶ子を育てる! 清水先生の自宅学習相談室

自ら学ぶ子を育てる! 清水先生の自宅学習相談室

  • 作者:清水 章弘
  • 発売日: 2020/11/20
  • メディア: 単行本
 

 

 

高濱先生や、清水先生のような方たちは

「自分は社会の中でどう役に立てるか❓」

「どうしたら子どもたちが幸せになれるか❓」を

常に考えてくださっている方々だと思っている。

お話を伺っているとそれが伝わってくる。

子育て中の母たちにとっては、

本当にありがたい存在。💖

 

  

 

余談だが、

昨年、病院で「フェイスシールドが足りない!」

となった時、

清水先生の奥様(松尾依里佳さん)が

「フェイスシールド」を手作りし、

病院に寄付されていたのを思い出す。

みんなが「自分の事」しか考えられない時に

この発想と行動力が素晴らしい。✨

本当に素敵なご夫婦だ。🌸

 

www.suika.tokyo