「中学受験」って大変。

中学受験のことや子育てのヒント、参加した講演会について、個人的な思いを綴ったブログです。参考程度に読んで頂けると幸いです。🌸 温かく見守ってください。💗

「中学受験」。どんな子でも緊張する。

子どもはどこでも大丈夫。

 

 

「集団塾」の近くを通ったら

緊張感にあふれていた。

そりゃそうよね・・・

まもなく2月1日だ。

 

 

  • どんな子でも緊張する
  • 終わった後教室から出てくる時
  • 最後まで諦めない
  • 早めに合格を取りにいく
  • まさか落ちるなんて・・・

 

 

 

f:id:mikan-iro:20210129092740j:plain

 

 

どんな子でも緊張する

 

条件はみんなおんなじ。

みんな緊張する

今年は特に「コロナ」があり、

思うように勉強ができなかった子も多い。

 

模試で「偏差値」合格ラインであっても、

実際には落ちる場合もあるし、

「偏差値」が足りなくても

合格する事もある。

問題との相性は確実にある。

やってみないとわからない。

 

 

↓ 2月1日、2日に安全校を

絶対に「全敗」させない!(上) 笑顔の春を迎えるため、親の「おびえ」こそが大事|どうなる中学・高校入試|朝日新聞EduA

 

絶対に「全敗」させない!(下) 感情に流されない冷静な判断を|どうなる中学・高校入試|朝日新聞EduA

 

 

 

本番の緊張ははかり知れない。

 

極度の緊張状態で泣き出す子や、

ガタガタ震えが止まらない子、

周りを見ることができず

うつ伏せ状態で顔を上げられない子。

 

見た目にわかりやすい

「緊張状態の子」がたくさんいると

教室の雰囲気はさらに重苦しくなり、

緊張が伝染する。

この手の子がどのくらいの割合でいるか❓

これは「運」で、

教室ごとに少しずつ雰囲気も違う

 

 

終わった後教室から出てくる時

 

 

「できたよ❗️」「わかったよ‼️」・・・

と言っている子の方が危ないので、

周りが「簡単だったよ❗️」などと言っていても

気にしなくていい。😅

それよりも冷静に

「あそこのあの問題を間違えた」と

細かく分析できている子の方が

合格している事が多い。

 

 

最後まで諦めない

 

 

答えを最後まで書ききれず

「もうダメだ・・・」と悔し泣きしていた子が

合格している事もある。

「部分点」がもらえる場合もあるし、

他の子はもっとできていない事もある。

何が引っかかるかわからないので

答案はとにかく書けるだけ書く。

(算数は余計なことを書いて

マイナスされ場合もあるので注意)

 

 

早めに合格を取りにいく

 

 

毎日、毎日、不合格が続くと

親子ともメンタルがやられていく。

それでも親は

「何とかどこかに入れよう❗️」

「今から受験できる学校」を探したり

必死に動けるが、

子どもが落ち込みすぎて動けなくなる事もある。

会場まで連れていくのも一苦労だし、

勉強なんてもう手につかない。

 

お母さんが倒れて、

お父さんが動くしかなくなる事もある。

お母さんの方が思い入れが強い場合が多くて

お母さんの方が倒れやすい。

冷静な判断ができなくなってくるので、

状況把握ができている「塾の先生」に相談に行くのが1番

 

 

 

まさか落ちるなんて・・・

 

 

親はどこかで

「自分の子どもは大丈夫」だと思い込んでしまう。

「中学受験」は厳しい世界なので、

親が思う通りには行かない事も多い。

ダメだった時、想像以上のダメージを受ける。

こんなはずじゃなかった・・・

落ちても自分は大丈夫だと思っていた・・・

想像していたものと現実は全然違う

ここは覚悟が必要。

 

自分を顧みてもわかるように、

この時期のお母さんは「通常状態」ではない。

「危険な生き物」になってしまっているので、

決して他のお母さんに近づかないように。☝️

 

余計な一言、

自分の子どもだけの合格、

どんな恨みをかうかもわからない。

我が子の「中学受験」に

人生を賭けているお母さんもいるので、

恨みをかったら、

本気で何をされるかわからない・・・

決して、近づかないように。

「触らぬ神に祟りなし」

 

 

 

 

ここまできたら

楽しんだもん勝ち。👍

 

あともう少し

がんばれ受験生、

お父さん、お母さん。💗

 

 

子どもはどこでも大丈夫。

受かった学校が「ご縁」のある学校。🌸

 

 

 

 

www.suika.tokyo