「中学受験」って大変。

中学受験のことや子育てのヒント、参加した講演会について、個人的な思いを綴ったブログです。参考程度に読んで頂けると幸いです。🌸 温かく見守ってください。💗

「中学受験」。いよいよ。

親はあわてず淡々とスケジュールをこなす。

 

2月1日、2月2日の合格は大事。

 

 

  • 「親自身」も緊張している
  • 「試験結果」であわてない
  • 2月2日までに合格がほしい
  • 先生の励ましがほしい
  • すぐに「塾」に相談に行く
  • 当日はカイロを握らせる

  •  お茶の温度に気をつける

  • 「願書」の確認

  •  本当に何があるかわからない

  •  「公立中学」なら成績トップクラスを維持しよう

  • 「よくがんばったね」で終わろう

 

 

f:id:mikan-iro:20210130065846j:plain

 

 

 

「親自身」も緊張している

 

 

振り返ると「2月1日」

自分自身も緊張していて

子どもにプレッシャーをかけたかもしれない・・・😓

 

うちの子どもは「2月1日午前中」緊張しすぎて、

「2月1日午後の受験中」に眠ってしまった

眠るというより、疲れ果てて気を失った感じ。

子どもの様子を見て、

「休ませる事」も必要かも❓

でも「合格1つ」取るまでは

そうも言ってはいられない・・・💦

 

 

 

「試験結果」であわてない

 

 

本番は子どもだけじゃなく

親も緊張する。

本番が始まると

親も冷静な判断が難しくなる。

本番前の冷静な時期に決めた「スケジュール」

崩さないのが大事。

 

 

 

2月2日までに合格がほしい

 

 

「合格」1つで安心感が違う。

2月3日になると、

かなりの人がどこかに「合格」していて焦る。

塾に行っても「合格報告」の親子が

先生にお礼を伝えている姿を見て更に焦る。

親子ともメンタルが厳しくなる。

何としても2月1日、2月2日に合格が欲しい。

 

 

 

絶対に「全敗」させない!(上) 笑顔の春を迎えるため、親の「おびえ」こそが大事|どうなる中学・高校入試|朝日新聞EduA

 

絶対に「全敗」させない!(下) 感情に流されない冷静な判断を|どうなる中学・高校入試|朝日新聞EduA

 

 

 

先生の励ましがほしい

 

 

「合格報告している親子」の横で、

深刻な顔で先生に「次どうするか❓」の

相談をしている親がいる。

その間、子どもは「次に向けて」自習室で勉強する。

よその親と、自分の親、

両方の親の姿を子どもは見る。

親だけが報告に来て、

子どもは家で勉強という事もあるが、

難しい・・・先生の励ましが欲しい

 

自習室も日に日に人が減っていくのがわかる。

子どもには厳しすぎるので、早めの合格が欲しい。

PC画面に「合格」の文字が見えるとホッとする

 

 

すぐに「塾」に相談に行く

 

 

親は淡々と「じゃあ次ここ」、

「次ここ」と試験会場に連れていく作業が続く。

落ち込んでいる暇はない。

 

この間「親同士」は塾で会っても会釈だけして

一切口をきかない。

目も合わせない場合もある。

 

2月1日からの1週間、

早朝から夜遅くまで塾の先生が待機してくれている。

困ったら塾に早めに相談する。

子どもが落ち込んだら先生に助けてもらう。

親子だけでは乗りきれない。

出願状況、実際の倍率などは塾に情報が入るので、

「今から合格を狙える学校はどこか❓」

相談もできる。

 

 

当日はカイロを握らせる

 

 

試験当日、送り出す時は

筆記用具が持てるように

家を出る時から「カイロ」を握らせておく。

手が冷たいと、試験開始後すぐ手が動かない。

 

 

お茶の温度に気をつける

 

 

水筒の中の「お茶の温度」には

気をつける。

一気に飲んでやけどしない温度に。

 

 

 

「願書」の確認

 

 

ネット出願によって「願書の書式」が

似ていて、

「違う学校の願書」

持って行ってしまう事があるらしいので、

気をつけて。

もし間違えてもあわてず「学校」に相談を。

 

 

本当に何があるかわからない

 

 

本番は何があるかわからない。

すぐ合格できればいいけれど、

全敗だってあるかもしれない。

子どもは緊張しているので

何も言わないが、

ずっと後になって突然

子どもの「あの時ね・・・」の話でゾッとする事もある。😱

密かに事件は起きている・・・

 

 

 

「公立中学」なら成績トップクラスを維持しよう

 

 

「落ちたら公立中学に」と考える家庭もある。

「中学受験」の勉強をしてきた子たちは

「公立中学」に行けば、成績トップを狙える。

(公立に行く場合「学校選択制度」があるなら

「進学先」「内申点の取りやすさ」等よく調べる)

成績が良ければ高校受験で「私立高校」の推薦枠に入れる

内申点が取れれば、高校受験で公立トップも狙える。

 

 

「よくがんばったね」で終わろう

 

 

「中学受験」、

何があってもしてきた事は無駄じゃない。

大学生になった時、同じ大学内でも

「中学受験経験者」と「高校受験経験者」では

知識量が違うという。

そのくらい「子どもたちは勉強してきた」。

どんな結果でも最後は

「よくがんばったね」と褒めてあげよう。🌸

 

 

さて、あともう少し。

たくさん食べて、

たくさん寝て、

元気で本番を迎えよう。💪

 

夢を叶えるための勉強法【電子特典付き】

夢を叶えるための勉強法【電子特典付き】

 

 

www.suika.tokyo