「中学受験」って大変。

中学受験のことや子育てのヒント、参加した講演会について、個人的な思いを綴ったブログです。参考程度に読んで頂けると幸いです。🌸 温かく見守ってください。💗

「中学受験」。自分でがんばれる子どもたち。

「自分で出来る子」と、そうはいかない「普通」の子どもたち。

 

 

「中学受験」、

まだ小学生だというのに

「志望校合格」に向けて

「自分の力」でがんばれる子たちがいる。

 

  • 自分でがんばれる子どもたち
  • こんなはずじゃ・・・
  • 「普通」の子どもたち
  • 必ず1月に「不合格」を
  • 「2週間」あればまだ間に合う

 

 

 

f:id:mikan-iro:20210311062036j:plain

 

 

 

自分でがんばれる子どもたち

 

 

「最難関校」を目指す子ども達は

驚くなかれ、

まだ11歳、12歳なのに既に自分で勉強できる。💪

この差は大きい。

その先には見たこともない世界が広がっている。✨

 

 

親の育て方が上手なのか、

元々誰もが持っている「探究心」に火がついているのか、

何かのきっかけで「考えることが楽しい❗️」と感じているのか、

「これをするためにこの学校に❗️」という明確な目標があるのか、

とにかく先生や親に言われなくても

「勉強するのが当たり前状態」の子どもたちがいる。

「やらされる勉強」ではなく「自分で学ぶ」

 

他にも本当の「天才」というのもいる。

1度見たもの、聞いたものを忘れない子がいる。

天才たちとは「勉強にかかる時間」が全然違う

勝てるわけがない・・・😅

 

 

 

こんなはずじゃ・・・

 

 

「トップ校」だとみんなが自分で努力できる子で、

常に「塾」の最上位にいた子たちが集まってくる。

そんな中で更に

「自分とは比べ物にならなくらいの天才」を目撃する。💡

 

今までどこに行っても自分は

「圧倒的な学力」を誇ってきたのに、

いざ志望校に入ってみると、

自分って普通だったんだ・・・と感じたり、

成績下位だったりして「やる気」を失う場合もある。💦

そこで「よし自分もがんばるぞ‼️」となるか

「自信を失うか❓」は本人次第。

 

 

親が「子どもに合った学校」を考えるとき、

「偏差値が高ければいい」というものではない事も

頭にいれておきたい。🤔

 

 

 

 

↓ 自分で学ぶ方法

 

 

 

「普通」の子どもたち

 

 

一方、大人の見張りや

叱咤激励がないと勉強できない

「普通」の子どもたち

特に「男子」は自分で勉強する子は少ない・・・

「女子」はまだ、

「先の未来」を想像できるので、

「これをしなければ合格できない⁉️」

というのを理解できるが、

「男子」は

「すぐ目の前のこと」しか考えられない場合が多い・・・😅

「決めていいスケジュール」って

今日と明日のことくらいでは❓と思う。😓

 

 

 

必ず1月に「不合格」を

 

 

「中学受験」

1月になってやっと本気を出し始める男子たちもいる。

ほぼ確信しているが、

この「やる気」がない男子は

1月に必ず「不合格」を取っておいたほうがいい‼️

手が届きそうもないところを「受験」して

「不合格」をもらおう

「難しいと思っていた学校」にうっかり合格した場合、

確実に「こんなもんでいいんだ」

2月の本番まで受験を舐めてかかるようになる。😓

 

男子にとって

「落ちるって本当にあるんだ・・・」という経験は必須

1月にまだ本気を出してもいないのに、

「合格」してしまったら

「こんなもんでいいんだ」となり

全く勉強しなくなる⁉️

「やる気」のない男子には「危機感」が必要。☝️

 

 

 

「2週間」あればまだ間に合う

 

 

2月1日に「不合格」をもらい、

やっと「ヤバい‼️」となり、

本気を出す場合もあるが、

1日、2日、本気が出たところで間に合わない・・・💦

「1月不合格」で、

2週間あれば何とかなる可能性がある‼️

本気を出した男子は強い。💪

 

 

「やる気」が見られない男子のお母さんたち、

1月には必ず「1校確実に不合格を取る」つもり

「受験校」を選んでもらいたい。

落ちてからやっと「本気」を出す男子を

たくさん見た。

「落ち込んで立ち直る期間」も必要なので

1月の埼玉で早めに不合格が欲しい。

一生に一回しかない「中学受験」。

なるべく後悔のないようにしたい。🌸

 

 

 

たった1分見るだけで頭がよくなる 瞬読式勉強法

たった1分見るだけで頭がよくなる 瞬読式勉強法

  • 作者:山中 恵美子
  • 発売日: 2021/03/10
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 

www.suika.tokyo