「中学受験」って大変。

中学受験のことや子育てのヒント、参加した講演会について、個人的な思いを綴ったブログです。参考程度に読んで頂けると幸いです。🌸 温かく見守ってください。💗

「中学受験」。「学校選び」公立か私立か?

公立でも「いい学校」はあるが。

 

 

 

「コロナ禍」で

公立と私立の差がハッキリしてしまい、

中学受験を考える家庭が増えた。

 

 

  • 近所の「中学校情報」は近所の塾に聞く
  • 人気のある公立中学に入れるかは「運」
  • 「いい先生」に出会える確率
  • 保護者の「役員活動」が大変らしい・・・

  • 「授業料」では公立の圧勝!

 

 

f:id:mikan-iro:20210504123652j:plain

 

 

 

近所の「中学校情報」は近所の塾に聞く

 

 

6年生なのに全く勉強する気のない我が子を見て、

志望校に合格できなかったら、

近所の公立でいいか・・・

で、内申点は取れないので

「私立高校受験」をするか・・・と考えていた。🤔

 

その当時、

近所の塾で言われた言葉。

 

「ここの公立に行くくらいだったら、

偏差値が低くても私立に行った方がいい‼️」

 

近所の塾なので、

近所の「公立中学」の子どもたちが通っていて、

その辺りの中学校の情報」が入る

 

「中学受験」しないとなると

近所の「公立中学」に行くことになる。

その学校は学年によっては「学級崩壊」が起きていたり、

スポーツには力を入れているが、

「高校進学」にはそれほど力入れておらず、

何より内申点」が取りづらい中学だった。

 

なので内情を知る塾の先生からは

「この公立に行くくらいだったら

たとえ偏差値が低くても私立に行く方がいい」という

言葉がでてきた。

 

近くの公立中学の情報は

実際に通っている人か、

近所の塾に聞くのがいい。

 

 

 

人気のある公立中学に入れるかは「運」

 

 

近くにある「公立中学校」では、

勉強に力を入れているところもあったが、

人気があるので学校選択制度」を使ったとしても抽選になり、

入学できるかどうかは運だった。

公立でも「いい学校」と評判のところは

入学希望者も多く、学区外からだと入学が難しい場合もある。

それならば「確実に入学できるであろう私立」を狙いたい。🤔

 

 

知っておきたいのは、「私立」だと

「公立中高」の6年間の授業を

高校2年までの「5年間」で全て終えて、

「高校3年生」の1年間を

大学受験だけに集中できること。

この1年を大学入試に専念できるというのは大きくて、

公立の中高6年から大学受験するよりも

かなり有利に働く。

 

自分で勉強できる優秀な子は別として、

行かせられる環境にあるならば

中学受験で「私立」をおススメしたい。

公立の中高に進むと、

大学受験の際、1年間の浪人というのも考えておく。

さて、どっちを取るか。🤔

 

 

 

「いい先生」に出会える確率

 

 

小6当時に言われた言葉は他にもある。☝️

 

我が子はかなりの曲者だったが、

そんな子の場合は

「私立の方がまだ理解してくれる先生がいる可能性が高い」というもの。

公立にも「変わり者」を受け入れてくれる先生は

いるかもしれない。

ただ、私立の方が「変わり者」を受け入れてくれる先生がいる確率が高い。

味方になってくれる先生がいるか❓いないか❓で

学校生活は大きく変わる。

どんな先生に出会えるかは運。

けれども「いい先生」に会える確率は

「私立」の方が高い気がする。

 

基本「子どもはどこでも大丈夫」だと

信じているが、

公立小学校時代の先生を思い返すと

「敵」にしか見えなかったので、できれば避けたい。😓

この点からも「難しい子」は私立の方が安心かも❓

という思いはあった。

結果は、どこに行こうが目をつけられる子だった訳だが。😅

それでも先生方の「何とかしてあげたい」という愛情は伝わってくるので、

私立で正解だったと思っている。

 

 

 

保護者の「役員活動」が大変らしい・・・

 

 

公立のいいところは

「いろんな家庭の子がいるところ」

その中で人間関係を上手く回す「やり方」を学んだり

こんな家があるんだ、こんな親がいるんだ・・・と学ぶ機会は

「似たような家庭」が集う私立より、

公立の方が多い気がする。

 

だいたい「同じ偏差値帯」の子どもが集まる私立と違って、

公立だと本当に勉強ができない子もいる。

公立に行くなら、

そこに合わせた授業が行われる場合もあると考えておこう。

ある程度勉強ができる子だと授業がつまらないかも。🤔

 

公立で大変なのは保護者の「役員活動」

先日会った近所の公立中学に行ったママが

「子どもより何より自分がきつい・・・」と嘆いていた。💦

やたら「お手伝い」と称してあれこれこき使われるらしい。

これも「学校による」ので、

公立に行く場合はよく調べておいた方がいい。☝️

親がどこまでさせられるのか・・・❓

PTA活動は小学校までで勘弁して欲しい。💦

私立でも親同士の繋がりが深く、

学校行事に熱心な場合もあるので

どれが自分に合うか❓も調べておこう。

 

 

 

「授業料」では公立の圧勝!

 

 

最後に私立の学校に入って感じたのは

「思っていた以上にお金がかかる・・・」という事。

研修やら、部活やら、講習やらにお金がかかり、

さらに成績が悪いと「塾に行く」という事もあり得る。

私立も入ったら「授業料」以外にも

お金がかかる事を覚悟しておいた方がいい。

金銭面を考えると公立の圧勝。👍

ただ公立でも「高校受験」の塾代はかかる。

 

 

ドラゴン桜とFFS理論が教えてくれる あなたが伸びる学び型【WEB診断付き】

ドラゴン桜とFFS理論が教えてくれる あなたが伸びる学び型【WEB診断付き】

  • 作者:古野俊幸
  • 発売日: 2021/04/22
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 

 

全てを踏まえて

行かせられる環境にあるなら

できれば「私立中学校」をオススメしたい。✨

 

www.suika.tokyo