「中学受験」って大変。

中学受験のことや子育てのヒント、参加した講演会について、個人的な思いを綴ったブログです。参考程度に読んで頂けると幸いです。🌸 温かく見守ってください。💗

「中学受験」。「志望校」は子ども自身が選ぶ。

「自分で選んだ」と思わせる事が大事。

 

 

何年も一生懸命勉強して、

やっと入った中学校。

けれども入学後全員が

「この学校でよかった❗️」と思えればいいのだが。

 

 

  • 入学後すぐ「退学」する子もいる
  • お母さんのせいで!
  • 「自分で選んだ」と思わせる
  • 「親が決めた学校」に入れられた

 

 

f:id:mikan-iro:20210602181535j:plain

 

 

 

入学後すぐ「退学」する子もいる

 

 

「中学受験」をして志望校に入っても

「夏休み」までに退学する子もいる。

 

どこの学校に行っても

「完璧」なんて事はない。

「教育方針」が親の目的に合っていても、

関わる先生だったり、

周りのクラスメイトだったり、

部活の関わりであったり、

「嫌だな」と感じる事はある。

 

嫌な事があっても、

どこかか1つでも「楽しい」と感じ、

自分の「居場所」を見つける事ができれば大丈夫。💗

ほとんどの子どもたちは、

どこに行っても自分で「居場所」を見つけられる。

 

 

 

お母さんのせいで!

 

 

ただ、中には「学校に行くのがツライ」くらい、

学校が合わない場合がある。🤔

その時には「退学」や「転校」を選ぶのだが、

子ども自身に

「親が決めた学校に入った」という意識があると

「お母さんのせいでこんな目に遭った」

「お母さんがこの学校に行けって言ったから嫌な思いをした」

「失敗したのはお母さんのせい‼️」と子どもは考える。

 

そんな事で子どもに

一生恨まれたんじゃやってられない。😩

 

 

 

「自分で選んだ」と思わせる

 

 

大切なのは「志望校」を決める際、

たとえ親が気に入って「ここがいい❗️」

と薦めたとしても、

子どもには「自分で選んだ」と思わせる事。☝️

 

家の近くの学校に行かせたければ、

先に「遠くの学校見学」に行ってから

親の推薦校に連れて行き、

「ここは近くていいね・・・」などと言ってみる。😅

 

「親の気に入った学校」を子どもにも気に入らせるには

技術と技がいる。☝️

子どもは

その日の「気分次第」で学校を気にいる場合も多いので、

「親のお気に入りの学校」に着く前に、

美味しいものを食べさせたり、

楽しい気分を演出するのもあり。💗

 

 

 

 

 

「学校選び」は子ども自身で決めさせる。

たとえ親が気に入らない学校でも

子どもが「行きたい‼️」というなら

そこを選ぶのもあり。

親がどうしても納得いかない学校の場合は

親子で話し合いが必要。☝️

子どもが納得しない「中学受験」は後をひく。🤔

 

あの時、

行きたい学校を受験させてもらえなかった・・・‼️

と一生恨まれないように。😓

 

 

「どうしてその学校がいいのか❓」

を親子でとことん話し合う。

全て完璧‼️✨

なんて「学校」はないので、

何か「嫌な事」があった時、

子ども自身が

「自分で選んだんだ」と思わないと、

本気で「お母さんのせいだ‼️」と責めてくる。😩

 

 

「親が決めた学校」に入れられた

 

 

子どもの中に

「親に決められた学校に入れられた・・・」

という意識があれば、

ほんの些細な嫌な事でも

「お母さんが選んだ学校に入ったら

こんな嫌な目にあった‼️」

とすぐ諦めて学校を辞めてしまう子もいる。

だってまだ13才だ。😓

 

ここは慎重に、

何があっても学校選びは

子ども自身に「自分で選んだ」と思わせる事が大事。

自分で選んだ道なら、

踏ん張りも効くし、ダメでも諦めがつく。

「自分ごと」として捉えられる。

 

親の「教育方針」にあった学校を

子どもにどう選ばせるかは

親の腕次第。🤔

 

 

 

www.suika.tokyo