「中学受験」って大変。

中学受験のことや子育てのヒント、参加した講演会について、個人的な思いを綴ったブログです。参考程度に読んで頂けると幸いです。🌸 温かく見守ってください。💗

「中学受験」。首都圏に住んでいると。

学年が上がるにつれ「受験情報」が。

 

住んでいる地域によって

「中学受験率」はかなり違うが。

 

 

  • 小3から塾へ
  • 本当に「私立」の方がいい?
  • 公立に行くにもできれば「学校」を選ぶ
  • 子どもの「やる気」がないのは普通

  •  「中学受験」の勉強は後で役に立つ

 

 

f:id:mikan-iro:20210625110355j:plain

 

 

 

小3から塾へ

 

 

東京に住んでいると、

小学3年生で

「受験塾」へ行くかどうかの選択を迫られる。

 

人気の塾では席を確保するために、

小1から入塾だとか。

 

東京で暮らしていると

もともと親子とも「中学受験」への

意志がなくても、

周りから情報がどんどん入ってきて

「受験しなきゃいけないんじゃないか❓」

という気になってくる。🤔

 

特にどう転んでも

「公立中学」で内申点が難しそうな子だと

「中学受験するしか道はない❗️」と思ってしまう。☝️

 

 

 

睡眠を犠牲、過酷な競争、親子バトル…中学受験を「魔界」にしないための心構えとは (1/3) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

 

 

 

本当に「私立」の方がいい?

 

 

子どもが小学生の頃に通っていた

近所の「個別塾」の先生がおっしゃった言葉。

 

「この中学(校区の公立中学校)に行くくらいなら

ここの私立(中堅私立)に行った方がいい」

 

この言葉はうちの子の場合の話で、

近所の「公立中学」は進学に力を入れておらず、

おまけに内申点も取りづらい中学校だったため、

うちの子には向いていないとの判断からだった。

 

通える範囲に「評判のいい公立中学」があれば、

「中学受験」せず、

高校でトップ校を目指したり、

いい内申点を取って

私立高校の「推薦枠」をもらうのもあり。

(別の近所の公立中学からは日比谷高校合格者もいた。)

 

 

 

公立に行くにもできれば「学校」を選ぶ

 

 

「高校受験」するにしても

私立高校の「推薦枠」をもらうにしても

どこの「公立中学」でもいいという訳ではない。

その先を考えるなら

「公立中学」も選べるなら選ぼう。

ただし、公立は校長が変われば学校が変わる

「中学受験」する家庭が多いのはそれもあるのでは❓

と思う。

 

実際に今、

我が子が行く予定だった

近所の「公立中学校」は校長先生の交代があり

評判がよくなっている。

 

「中学受験」してもしなくても

いろいろな道はある。

今は「オンラインの学校」もできて

選択肢が増えている。

 

 

 

 

 

子どもの「やる気」がないのは普通

 

 

「中学受験」するなら覚悟が必要。

ああすればいい、

こうすればいい、

塾はここ、勉強法はこう、

親はこうするべき、

なんて情報が出回っているけれど、

「中学受験」の真っ只中に入ると

何1つ思い通りになんてならないし、

親も冷静ではいられないのが普通。

 

 

「よし受験のために勉強頑張るぞ‼️」

とやる気に満ち溢れる子どもなんてほぼいない。

後半になると少し増える程度。

 

何だかんだで

親や塾の先生にやらされているだけ。😅

うちの子大丈夫かしら・・・💦

なんて心配しなくていい。

やる気満々の子の方が少ないから。

 

「うちはこうして第一志望に合格できました‼️」

 

なんて記事も「お宅はね☝️」というもの。

右へ倣えで同じようにしたって意味がない。

環境や子どもの特性によっても全然違うし、

なるようにしかならない。

世の中に出回っているのは

「上手く行った人の話」

 

6年生後半になるとお母さんたちは

「別人」になるけれど、それも普通なので大丈夫。

だいたいは新入学が終わった4月くらいには元に戻る。😅

 

 

 

「中学受験」の勉強は後で役に立つ

 

 

首都圏での

第一志望合格者が3割なら

7割が失敗なのか❓

そうじゃない。

子どもはどこに行っても大丈夫。

自分で「居場所」を見つけられる。

子どもってスゴイから。✨

合わなければ別を探せばいいだけ。☝️

「あの学校じゃなきゃダメだった・・・」って事はない。

 

勉強ができないなら

何か別の道を探す手もある。

自分で稼いで自分で生活する。

「メシが食える大人」になれば何でもいい。

 

親はアドバイスはできるけど、

どの道を選ぶかは子ども自身が決めること。

 

「中学受験」は子どもの人生で

まあまあ大きな岐路とはなるが、

それだけでその先全てが決まる訳じゃない。

「受験」するなら当然「第一志望」に合格したいけれど、

ほとんどの人は叶わないと知っておく。🤔

 

ただ1つ言えるのは

「圧倒的な勉強量」、

受験勉強をやり遂げた精神力と体力、

「中学受験の勉強」は後で必ず役に立つ。☝️