「中学受験」って大変。

中学受験のことや子育てのヒント、参加した講演会について、個人的な思いを綴ったブログです。参考程度に読んで頂けると幸いです。🌸 温かく見守ってください。💗

「中学受験」。3年後の現実。

子どもは親の思い通りにはならなかった。

 

第1志望校に入れず、

合格した学校に入った子がいた。

 

 

  • 親の「学歴コンプレックス」
  • 働き詰めのお母さん
  • いよいよ「高校受験」の年
  • 「子どもの人生」は子ども自身のもの

 

 

 

 

親の「学歴コンプレックス」

 

子ども自身は合格した学校に

「学校が楽しい❗️」

と喜んで通っていた。✨

 

諦めきれないのは母親だった。

自分に学歴コンプレックスがあり、

「子どもはどうしてもKに入れたい‼️」

と願っていた。🙏

 

中1からほぼ毎日「塾」に通わせられ、

友だちと遊ぶ時間もない子だった。

 

 

働き詰めのお母さん

 

 

お母さんは、「塾代」のために、

働き詰めで、その子はお弁当がなかった。

おにぎりをいつも買っていたので、

我が子のお弁当ついでに

おかずを差し入れしていた。

(コロナ前)

 

わざわざ

「お礼の手紙」をくれるような優しい子だった。

何か少しでも「幸せなこと」があればいいな・・・🍀

と思っての差し入れだったが、

余計なお世話だったかも。😓

 

 

いよいよ「高校受験」の年

 

 

3年後の「高校受験」、

リベンジをするよう母親に言われていたが、

子どもは「嫌だ‼️」と言って、

「高校受験」をしなかった。

 

母親の失望は想像に難くない。

子どもを「K」に入れるために

必死で働いてきた。

それなのに「受験の場」にすら立たない子ども。

 

 

 

「子どもの人生」は子ども自身のもの

 

 

子どもは親の思い通りにはいかないし、

子どもの人生は子ども自身が決めるものなんだな・・・

と思い知った出来事だった。

 

親は「子どもの幸せ」を願うが、

何が「幸せ」かは子ども本人が決めること。

子育てに正解はないけれど、

親が思う通りにはならないもんだな。😓

 

年々厳しくなる「中学受験」。

感覚的には

「志望校」の

もう1つ、2つ上を狙うくらいの学力が必要だったのかも❓と思う。

我が家の「第1志望校」が、

通っている先輩の「第6志望」だった時の衝撃・・・💦

そして落ちて愕然としている横で

Sの先生らしき人が「6名全員合格です」と電話連絡していた。

S塾のその校舎の塾生全員が合格していた。😓

 

 

www.suika.tokyo