「中学受験」って大変。

中学受験のことや子育てのヒント、参加した講演会について、個人的な思いを綴ったブログです。参考程度に読んで頂けると幸いです。🌸 温かく見守ってください。💗

「中学受験」。模試時間の説明会は聞く。

子どもによっては休息も必要。

 

どこに軸を置くか?

 

 

 

 

首都圏「中高一貫校」9月模試に見る最新志望動向【23年男子受験生編】(ダイヤモンド・オンライン) - Yahoo!ニュース

 

 

子どもが模試を受けている間、

保護者向け説明会があるが

必ず聞いた方がいい。

 

傾向と志望者数が開示される。

ただ、次の模試では

表示された人数を見て、

志望校の移動があった。

第二志望以降は

倍率が高そうなところを避ける家庭が多い。

 

こうして志望校の移動は最後まで続くので、

受験パターンはたくさん考えておこう。

子どもは勉強に集中して、

親は受験パターンを考えよう。

 

親は入試を「午前」「午後」と

ビッチリ詰め込みたくなるが

体力がない場合は疲れて

本命の時、集中できなくなる。

 

うちの子は

2月1日の「午後受験」の途中で

眠ってしまった。

恐らく気を失っていたのだろう。💦

午前中の本番で

泣いている子やら、

ガタガタ震える子たちに囲まれて

空気に飲まれたと言っていた。

緊張しすぎて疲れ切って

午後まで体力がもたなかった。

本番は、

どんな子でも緊張するのは間違いないと思う。😓

大丈夫な子は大丈夫で、

2月1日の午後入試で

無事合格している子も多いのでご安心を。💗

 

2月1日以降は極度の緊張状態が続くので

子どもによっては休息も必要。

受験会場から受験会場へ移動するのも大変だし、

電車も止まったりする。

トラブルがあると更に心の負担が増える。

親が慌てないのも大事。

何があっても大体

交渉すれば大丈夫な場合が多い。

 

今はほとんどがネットで出願できるので、

志望校は最後の最後まで変更できる。

いろいろなパターンを考えておこう。