「中学受験」って大変。

中学受験のことや子育てのヒント、参加した講演会について、個人的な思いを綴ったブログです。参考程度に読んで頂けると幸いです。🌸 温かく見守ってください。💗

「中学受験」。塾選び。

子どもに合った塾って何?

 

第一志望合格者が

4人に1人という現実では

塾選びに失敗した・・・

と思う人が多いのでは?

 

 

できれば、

これだけやったんだから

後悔はない!と思えるようにしたい。

 

 

 

 

 

中学受験「失敗した塾選び」に学ぶ、後悔を事前に防ぐチェック項目とは(ダイヤモンド・オンライン) - Yahoo!ニュース

 

S以外の塾では

かなり多くの家庭で

「塾」+「個別」か「家庭教師」を使っていると聞いた。

 

もちろん自分でできる子や、

親が勉強をみられる場合は必要ない。

 

Sには、Sに通うための塾もある。

それだと目的が「中学受験」では

なくなっているのでは?

 

子どもに合った塾とは言うけれど、

探すのは難しい。

「いい塾」は先輩ママに聞こう。

同学年はライバルなので

絶対に教えてはくれない。

 

 

 

「ベネッセ中学受験塾」統括が明かす「合格できる塾」の見分け方 過去問の“原本”の数で入試分析力がわかる〈dot.〉(AERA dot.) - Yahoo!ニュース

 

 

先生に質問すらできず、

成績も上がらない。

塾に行っている意味は?

 

塾が嫌いになっては意味がないが、

大手だと1人の先生に対して

生徒の数が多いので

できれば個別も欲しい。

わからない事はその場で教えてもらえる。

大手塾の方では1つ質問するのに

20人待ち、30人待ちが当たり前だった。

こんなものなのかな❓

と思っていた。🤔

 

子どもが通っていた塾はのんびりしていて

他人を蹴落としてまで❗️という雰囲気はなく、

みんなで一緒にがんばろう‼️

という感じで

先生も

通わせているお母さんたちも

本当にいい人が多くて

子どもは最後まで塾が好きだった。💗

 

ただ、

もしかしたら

「受験を突破する」のには競争心が足りなかったのかな❓

という思いもある。

「別の塾に通っていたらどうなっていたのか❓」

とのありもしない妄想にも駆られる。

何をどう選ぶのか❓

塾選びだけでなく、子どもへの接し方や

子どもの特性の見極め方、

何にしても母親の責任が大きいと思った。😓

合格できなければ何かと後悔する・・・

どこの塾に通っても

塾をうまく利用できるお母さんが合格できるだろうな。

 

みんなにやる気があって

それに乗って合格した話も聞いたので

雰囲気も大事だと思う。

雰囲気は同じ塾でも場所によって違うし、

クラスによっても違う。

先生のやり方次第なのでは❓

実際に通ってみないとわからないのが困るところ。🤔

 

兄弟で上の子はSで

下の子は別の塾という人もいたが、

誰でも彼でもS塾がいいわけではなく、

子どもの特性に合わせて塾を選べるお母さんは

素晴らしいなと思う。✨

通ってみたからこそわかる、

我が子に合うか合わないの判断。

 

 

毎年、先生も変わるし

先生が変わればやり方も変わる。

どこの塾でも

「人手不足」は勘弁して欲しい・・・💦

 

 

とりあえず「勉強しない子」は

なんだかんだで勉強させられる塾の方がいいのでは❓

と思う。🤔

本人の「やる気」なんて待っていたら

一生に一度の「中学受験」は終わってしまうから。