「中学受験」って大変。

中学受験のことや子育てのヒント、参加した講演会について、個人的な思いを綴ったブログです。参考程度に読んで頂けると幸いです。🌸 温かく見守ってください。💗

「中学受験」。やらされる勉強。

Yahoo!ニュース記事。

 

 

矢萩邦彦先生の記事。

 

「やらされる受験勉強」がどれだけ子どもにストレスをかけるか?(ダイヤモンド・オンライン) - Yahoo!ニュース

 

塾だけではなく、

多くの教育現場をご覧になっている

矢萩先生の言葉は重い。

 

 

 

 

 

実際に塾の課題が多すぎて、

家で暴れている子どもの話を聞いた事がある。

塾のテキストを破って暴れていたが

転塾して落ち着いたとおっしゃっていた。

因みにS塾。

誰も彼もが通い続けられる塾ではないんだな・・・

と実感した覚えがある。

その時ママが

「そりゃこれだけやれば合格するわ」と言っていた。

自分にはとてもできないので

通い続けられる親子が凄いと思う。✨

その塾を楽しめる子もいて

そんな強者たちとも戦うのが「中学受験」。😅

 

実際に子どもが「受験」の現実味を帯びるのが、

6年生の12月と言うのもわかる。

男子は埼玉受験が終わってからが本番という感じ。

 

ただ保護者としては

学校にもよるが

今の公立にはあまり期待できないので

私立に入れたいのが本音。

 

近所の塾の校舎長(地域の子どもたちが通っているので内情がわかる)に

うちの子にとっては

「校区の中学に行くくらいなら、

偏差値低めでも私立の方がマシ」

と言われた。

学校の特徴として内申点の取りにくさ、

進学させる事への意欲があまりない事があった。

公立は校長先生によって学校が決まる。

担任次第で成績も決まる。

 

ただ、隣の中学で生徒会長を務め、

部活に励み、ほぼオール5の子は

日比谷に合格していた。

もちろんできる子は公立でも大丈夫。

 

最終的には「子どもの心」が1番大事。💗